当たり前の世界で座礁した心の行方「Rの家(改題:ロビンソンの家)」打海文三/マガジンハウス/2001年/感想

幼い頃に母親が自殺したことが原因なのか、周りと自分の感じ方の差に悩み自分の言葉はすべて「パクリ」だと明言している主人公が、高校を休学し"Rの家"という母親が存命なら家族みんなで住む予定になっていた家で過ごすことになるところから始まる本作を、休学したいと言ったそばから大金を子供に預けるような父親がいる時点で裕福な家の子の我が侭だな〜と思いつつ読み始めたのですが、その保養先のRの家に居た先客2人との逃避とも傷の舐め合いとも取れない生活が思いのほか心地良くて、いつのまにか自分も世間のレールから弾かれた連中が集うRの家に逃げ込みたくなっていました。



主人公が一緒に暮らすことになったのは、父親の兄であり祖母から半ば勘当されている雅彦伯父さんと、いとこの李花

雅彦伯父さんは子供の頃から性的に淫らな妄想を抱くことに旺盛で、稚拙な官能小説をしこたま書いてあった大学ノートを母親に燃やされたことを発端に家を飛び出し、色んな人に助けられながら今に至るという変わり者。本当か嘘か分からない彼の話は実に面白い。

いとこの李花は失恋から自暴自棄に走り、自分を罰するように娼婦へと堕ちた女性で、堂々巡りな問いに悩みながらも、いつか女も男も胸を張って娼婦をやれる世界を構築してやるとふんぞり返っている。彼女の強くて弱い心が吐き出す言葉は下品で辛辣痺れるw


とにかくこの家に関わる人達はなにかしらの原罪を抱えている。打海さんの本には往往にしてそういう登場人物が出て来るわけですが、本作に出て来る連中の飄々とした生活の中に隠れた侘しさ、人恋しさは凄く身にしみます。主人公の母親自殺を軸に様々な人間の哀しみ悔やみが絡み合ってゆく様も、取戻すことの出来ない時間の大切さを痛感させ、胸の中が愛おしさでいっぱいになりました。パクリだと明言し冷めた人間だったはずの主人公が、泥臭いオリジナルの自分をいつのまにか手にしてゆく展開も凄く好きです....



母親の自殺の謎や世代や性別を越えた青春を時折軽いノリで表現したり、「世界は解読されている」「我々は生身の人間に投影した自分の性幻想に欲情するんだ」等、中二病的なセリフが詩的に内包されていたりするのがまた良かった。彼らを愛せるうちは駄目駄目な自分や周りを愛せる。そんな気分にさせてくれるんです。




いとこだろうが親子だろうが開けっぴろげで包み隠さず話す人物が多いのも実に清々しい。あれは駄目これは駄目と体面ばかり気にする日本において、こういう後腐れが無い人間関係は貴重なので実に憧れます。

ここまでシリーズ外の打海作品を順に追って来ましたが、やはり後期の作品になると完成度が上がっていますね。今「ハルビン・カフェ」を読んでいるのですが、物語の構成が更に魅力的になってます。応化クロニクルの元になっていそうな内容なので既に夢中になってます。




(= ワ =*).。oO最高だわ打海さん....

この記事へのコメント