マーヤの「レプリカ」な「音楽と人」

 気付けば通算24枚目のシングルと言うのもそうだけど、来年で芸歴20周年と言うのも大したものだ我がマーヤ。

 道に迷う若者達の内面をこれでもかとえぐり出したアニメ『M3-ソノ黒キ鋼-』に相応しい歌詞になっている「レプリカ」の出来もさることながら、カップリングの「coming up」がまた良い。緩いテンポのダンスナンバーのようなリズムで心地良さ抜群。これはライブで是非聴きたいっ♪ 

 ひとつ贅沢を言えば、レプリカの曲調はもう少し抑えて歌詞を静かに聴かせるようにして、真綾の高音低音を対照的に感じさせてくれる曲を付けて欲しかったところはあります。



IMG_3234.jpg



 僕が坂本真綾を好きでいつ続けている理由ってなんだろう?ふとそう思った。

 今になって振り返ると、偶然に思えるような出来事ひとつひとつが必然的に作用した結果”坂本真綾”と言う人間に僕は引き寄せられたわけで、自然に好きになっていたことをあえて言葉にするのは難しいけれど、大勢に認められても本当の自分を追い求め、何処までがオリジナルで何処からがレプリカなのか?そう問い続けている真綾を感じるとき、あぁ、この人を好きな間は俺も自分を愛してやれそうだと思えることが理由なのかもしれません。 そういう意味では、レプリカの実に簡潔でストレートな歌詞が、若い世代の気持ちを組んでいるのと同時に、先人がほとんどの事を既に成してしまった時代を生きる僕ら全てが一生抱えなければならない十字架を表現していて実に良かったです。


 こういう事をしたい。あんなことをやりたい。でも既に同じようなことをした人がいる。始めから諦めるのか、それともあえて同じと分かっていて尚進むか?知らずに済めばどれだけ幸せか分らないのにと感じてしまうほど、情報に溢れた時代は痛みや鬱屈の連続だが、坂本真綾と一緒なら悪く無い。大人の深みを湛える顔になって来た真綾。飾らない彼女の言葉と歌声にこれからも注目してゆきたいものです。





 素敵な男性に出逢い、女としての坂本真綾を知った彼女は、頭のなかでアレコレ悩むことより、生身で感じることの大切さを今最実感しているに違い無い。雑誌『音楽と人』でのロングインタビューでもそう感じました。

IMG_3235.jpg
IMG_3236.jpg

 ある意味完成されてしまった坂本真綾ブランドなので、作曲を頼めば作曲家が自分のイメージに擦り合せるように曲を仕上げるし、どんな歌詞を書いてもほとんど通ってしまう。だからこそ作品や演技のクォリティを上げるのは自分次第であるという真綾らしい負けん気も読み取れる良い記事です。

 ついでに真綾の自然体を強調したようなグラビアも素敵なので、是非レプリカに合わせてお買い上げ下さいo┐ペコリ 



この記事へのコメント