名優の逝くとき

 親にあーでもない、こーでもないと、理想を押し付けられてばかりだった子供の頃は、早く大人になって自分の生活費を自分で稼げる大人になりたいと思っていたけれど、今年で36歳になる今では、見る物全てが新鮮だった子供の頃に戻りたくて仕方無い。

 同じように、自分がいつまで健康でいられるかと言う不安も大きくなって来ました。若いうちは根拠の無い自信で大概の事は乗り越えられたけれど、あちこちガタが来始めた今じゃ、体力の衰えに気力まで持って行かれてしまうのを感じます。

 だから死について感じ方も少し変わって来たかもしれません。「まだやり残した事があるから死にたく無い」という感覚から、「苦しい死に方はしたくない」と言う願いに移り変わったように思うのです。


 今朝知ったハリウッドの俳優”ロビン・ウィリアムズ”の自殺のニュースでも、僕が一番に気になったのは、苦しまずに彼が逝けたかどうかでした。自殺であるだろうということ以外、あまり詳しいことは伝えられていませんが、死因は窒息死と言うことで、相当死ぬまでに苦しんだのではないかと思えてなりませんでした。

 鬱に苦しでいたと言う彼には、それほどの苦しみを享受してでも死にたいと言う想いがあったのでしょうか?.......




 全ての作品を観たわけではないですが、彼の出演した映画を幾つか僕も観たことがあります。「いまを生きる」では型破りな教師っぷりを見せ、生徒への想いの強さに胸を打たれたし、「ガープの世界」での人懐っこい笑顔にはとても癒された。かと思えば、「インソムニア」でイカレタミステリー作家を生々しく演じ、その表情には心底恐ろしいと身の毛がよだったものです.....

 ジャンルを越えた演技力で、生きるということの苦しみと喜びを僕らに知らしめてくれる名優でした。


 もしも、その卓越した演技力のせいで鬱になり、こんな虚しい死を迎えたのだとしたら、やっぱりこの世界に優しい神様なんて居ないと言うことなのでしょうね。




 どんな生き方をすれば、1番幸せな死に様を迎えられるのか、もし模範解答があるなら是非とも教えて欲しいものだ.....

 ゆっくりおやすみ下さいロビンさん......




 関連過去記事


この記事へのコメント