まだ、ジブリの夢は終わらない「思い出のマーニー」/米林宏昌/2014年/スタジオジブリ/感想

 借りぐらし〜とは、文字通り宮崎駿ワールドを借りてきて作った映画だった。

 そのため監督である米林さんが、大き過ぎて合わない服に身体の方を無理矢理合わせようとしてしまい、どんな素人目にも分かる不協和音でギクシャクしていました。


 しかし、今回の「思い出のマーニー」はまるで違いました。これは紛れも無い米林宏昌映画でした。

 映画監督はデビュー2作目が大事と言われているけれど、米林さんはその大事な節目をちゃんと乗り越えました。ジブリは2人の巨頭が倒れても、この先まだまだ凄い作品が作れる!そう実感出来る素晴らしい作品なのです....



 絵を描くのが好き

 でも自分は嫌い

 私を心配してばかりな、あの人の顔は見たくない....


 なにやら身体よりも、心の病いが重そうな12歳の少女”杏奈”は、喘息の療養の為に夏休み中親戚である大岩夫婦に預けられる。

 美しい田舎の風景や、腫れ物に触れるような態度の保護者とは違って特別扱いせず自然に接してくれる夫婦にも助けられ、数日後には明るい笑顔を見せるようになった杏奈だったが、七夕の夜、無理矢理地元の子供達とお祭りへ行かされ、短冊に書いた言葉の意味を執拗に問われたことで地元の子供と喧嘩になってしまう。

 その場を逃げ出した杏奈は、ここへ来たばかりの時、無性に惹かれた「湿っ地屋敷」へ吸い寄せられ、マーニーとの運命的出逢いをする....


 思春期の多感な時期に、本当の親では無い保護者を信じられなくなり、自分を置いて死んでしまった本当の両親に対してもわだかまりを捨てられない少女が、同年代の美しい少女マーニーに出逢い、彼女と交流してゆくことで自分を知り、自分を想ってくれている人達の愛の深さをも知ってゆくことになる王道な展開が感動的で素晴らしかったです。

 ひたすら明るく可愛かったり、気丈な悲劇のヒロインが大好きな宮崎駿作品では絶対描け無いセンシティブな主人公の描写が米林さんは上手いなぁと思いました。まだ40代ほやほやの米林さんだから、現代の子供達に近い心を描けるのかもしれませんね。


 無論まだ二作目の監督作品ですから、些細な詰めの甘さを感じる場面もあったし、中盤辺りまでいくと、きっとそういうことなのだろうとマーニーの正体も分かってしまう古典的な内容ではあるのですが、その使い古された物を概ね狙った通りに実現して見せた事がとても良かったと思いました。監督という生き物は、いくら全力を出してもあそこはこうしておけばもっと良く出来たと納得しないものですが、アリエッティに比べて今回はかなり米林さん的に狙ったシーンを狙った通りに再現出来たことでしょう。

 おかげさまで僕は後半泣きまくってました。何カ所かポイントがあるんですが、スタッフロールが終わる寸前の美術絵一枚でも泣いてしまいました... プリシラ・アーンさんの誰かと別れを惜しむような主題歌にも背中を押されましたね。PVで日本語歌詞を見ると、杏奈の孤独な心象風景がとても反影された曲であることが分かり、昨夜のようにまた泣きました....





 米林さんのセリフではなくキャラの表情で魅せるアニメーション表現や、この映画でのマーニーの役割、そして杏奈が出逢ってゆく様々な人々のこと、色んな良さが今作に凝縮されているので、あれこれと書きたいところですが、そんな分析力は無いし、ネタバレになるのは嫌なので、もう詳しいことは書きません。

 とにかく、宮崎駿と言う高級で激重な漬物石をようやく取り除く事が出来た米林さんが、糠床からどんな美味しい漬け物を出して来るか、楽しみにして劇場へ行って欲しいです。僕はもう三作目にどんな凄いのが来るか期待していますw


 こんなちょっぴり切ない一夏の思い出をくれるマーニーを、宮崎親子はどんな風に咀嚼して自分の作品に向き合ってゆくのかも、気になりますね (= ワ =*)




 最後に鑑賞後の僕の様子をどうぞ...


























この記事へのコメント