ぼくは実写版アリでした「THE NEXT GENERATION -パトレイバー-」/押井守/2014年/映画/感想

相変わらずの中毒でWarframeに時間を費やし過ぎで、日曜があっさり終わってしまいそうだったので、少しは違うことをしようと実写版のパトレイバーをまとめて1章〜2章(3話まで)観てみました(TVの前から移動はしない...)




誰の発想でパトレイバーを実写にしようと考えたのか知りませんけど、パトレイバー好きとしてはなんだかんだ観ずには居られないと、地元では上映しないパトレイバー見たさにスカパーのスターチャンネルに加入して鑑賞。

やっぱり生身の人間が押井演出で演技すると、どうも安っぽく見えて仕方無いと思いつつ観てましたが、慣れて来ると今までのアニメのパトレイバーでやって来たことを、押井さんが実写に置き換えただけであることが分かって来て、これはこれとして見れば面白いなと感じました。

今回押井さんは役者の演技に任せた部分も多かったようで、1話はまだ役に入り切れていない役者が間を悪くしてるところも伺えましたが、2話に入ると押井演出の暴走を楽しむように役者がスムーズに動くようにもなり、押井さんの意図した映像作りにだいぶ近づいていました。

なにより不安だったキャストも、隊長という重要な人物に筧利夫さんを据えて、整備班の班長にはお馴染みの千葉繁兄貴を配置し、後は若手を伸び伸びと遊ばせた感じが案外ハマってました。1番どうかな?と、思っていた主役を演じる真野恵里菜も、結構頑張って殺陣をこなしてたりしてて悪く無いです。個人的には真野ちゃんよりカーシャを演じる太田莉菜ちゃんが可愛かったですけどねw

とにかく、オッサン役に良い役者を配置する辺りが今回の実写化を成立させている気がします。他にも上海亭のオヤジが中国語で暴走してたり、竹中直人さんも面白い役で登場して格好良かったですしw


ただこれ実写映画じゃなくても良かったかもしれません。舞台で公演する方がしっくり来ると思います。

押井さんの実写全般に言えることですが、いきなり本筋を外れて何故そうなるのかと、頭を捻るような突飛な展開を時折見せるので、実写の押井作品を知らない人や、パトレイバーに本作で触れるお客さんにはポカーンなところがあるのではないかと思うんですよw

逆にそういう作品であると理解(アニメ版も充分脱線しまくってた)している人には、かなり楽しめる作品なんですが、少なからずアニメの劇場版一作目みたいなドでかい話を期待していたファンも居ると思うので、今後はもう少しレイバーが動くシナリオや、本筋になって行きそうな内容も織り交ぜていって欲しいですね。


※次回はちゃんと盛り上げてくれそうだw



一応正当な続編でありながら、登場人物の名前を初代の面々の名前や性格を捩っているところなど、違和感も幾つかあるけれど、思ってたより面白いです実写版。

レイバーがもてはやされた時代が終わり、世間からも警察機構からも厄介物扱いされながらも活動する今回の特車二課。時代が移り変わっても煙たがられてる感じが相変わらずでとても懐かしい。 ボツになった最初のパトレイバーの押井企画がポンコツメカ相手にワイワイやる感じだったので、それが実写版で出せてるようなところもあるのかもしれませんね。

次はどんな悪ノリを見せてくれるか実に楽しみだd(。ゝ(ェ)・)






公式HP http://patlabor-nextgeneration.com/

この記事へのコメント