やっぱりTR◯ALSの方が面白いおo<。・ω・。>o「Urban Trial Freestyle」/Tate Interactive/PS3/PS Vita/3DS/2013年/感想

 長かった人も、短かった人も、まったく無かった人も、今日でGWが終わりな感じですかね?


 僕は初日に掃除やら整理やら済ませてからは、ほとんどの時間をゲームに割いてました。今ハマり過ぎてて自分でも怖いPS4の「Wraframe」を中心に、寝ても覚めてもゲームばっかりw


 人を駄目にするソファーとかネタになってましたけど、ゲームの方が断然"人"を駄目にしますね (・´з`・)




 そんなドはまり中のWarframeの合間に、少し前に北米PSNで1ドルセールに出されていた、なんちゃって"TRIALS HD"な「Urban Trial Freestyle」を遊んでみました。





 世界観はそう、初代TRIALSの雰囲気を更にアメリカナイズした感じで、トライアルバイクよりアメリカンバイクが似合いそうなヒゲ面のおっさんがドヤ顔でバイクに乗っており、やっぱアメリカ人が作るとこうなるのかって勝手に解釈しつつ作ってる会社を調べたら、どうやらポーランドの会社らしいです(意外w)


 もう兎に角コース上が五月蝿いんですよ。細々としたどうでも良さげな凹凸があったり、寸前まで存在しなかったオブジェクトが突然登場したりと、ただただ走行の妨げになってるだけの要素が多過ぎてモヤモヤします。


 他プレイヤーのゴーストが現れる際も、ゴーストの色が目立つオレンジなのでバイクに重なったとき自分を見失ってしまうし、チェックポイントが微妙に遠いので嫌がらせ感半端無いです....


 バイクの挙動もかなり大味で、アクセル上げたら直ぐフロントが浮き上がるくせに昇りではあまり荷重移動を考えなくても登れてしまったりするので、真剣に遊ぶ気が削がれます。ただ、TRIALSシリーズを難しく感じた人にはこちらの方が遊び易かったりするかもしれませんね。




 ド派手な演出と大雑把なレベルデザインのせいで、モトトライアルの楽しさが損なわれている本作ですが、コースの途中で色んな記録に挑戦する要素があるのは面白かったです。何メートルの幅・高さをジャンプ出来たか?とか、何秒でこの区間を駆け抜けたとか世界記録がコース上に見えるので、記録に挑戦するのが好きなユーザーにとっては、かなりやり込み度の高い要素だと感じました。これはTRIALSにも導入して欲しいかも♪



 まともに勝負してもTRIALSに勝てないから外連味に走った感じが拭えない完成度ではありますが、1ドルなら御釣りが来るほど楽しめるゲームでしたねd(。ゝ(ェ)・)








 Tate Interactive HP http://www.tate.pl/







 関連過去記事


この記事へのコメント