期待と不安が綯い交ぜなメジャーデビューと言う船出「NEWTOWN」/FOLKS/2014年/音楽/感想

 正直、今回の新譜は少し落胆した。

 メジャーデビューアルバムだけに、確かに音質は向上しているし、着実に変化しステップアップしていながらも売りであるレトロなグルーヴ感は損なっていないので、前回の『Take off』を買っていないファンにはピッタリのアルバムだと思うけれど、前作も聴いているファンとしては複雑な心境の一面もあったのではなかろうか?

 "Hard-Fi"のようなUKアーティストの影を感じる「Good-Bye, Friends」など新曲はどれもかなり良かったものの、全7曲中新曲は3曲(今回収録の”You're Right”はTake offの”GAGA”の改題曲)であると言うのは残念であるし、それ以上にクリアな音質で録音し直したTake off収録4曲が最初の印象で改悪に思えてしまったのが大きかったです。

 何度もTake off Ver.と聴き比べていると、これはこれで良い選択なのかもしれないと感じる部分もあり、単純に好みの問題であるかもしれないと思うところもあるのですが、やはりクリアに作り直したせいでFOLKSの強みと共に弱味もクリアに見えて来たように思います。テレビがアナログからデジタルに移行し、HDが当たり前になったせいで肌荒れがバレバレになってしまった有名人の残念さに似ているかもしれない。

 Take offの楽曲は荒削りでノイズが乗ったままの野性味が格好良かった。よくリテイク版より、最初にレコーディングしたものの方が良かったなんてことを見聞きするかと思うのですが、これがまさに「それ」だなと思うのです。もはやボーカルやコーラスに逃げ道は無く、本人達が1番理解してるウィークポイントの歌詞の未熟さがこれでもかと露呈してしまいました。海外じゃノイズも含めて作品だと胸を張っている人達も多いのに、日本人はきっちりした曲を作りたがるし聴きたがるところがありますよね。それが良い時もあるし、悪い時もやはりあるわけです。


書けば書くほど不満ばかりの羅列になっていますが、それだけ僕自身期待しているのでしょうね。"ねごと"との対バンとして来ていた彼等のライブを体感したあの夜のステージはそれだけ衝撃的でした。行儀の良いCD音源じゃ伝わり切らない"あの"グルーヴ感をまた味わいたくて仕方無いです....

あちこちでプッシュされ始めた彼等ですから、そろそろソロツアーで北海道の各地は勿論、全国も視野に入れたツアーを組んでもらいたいところ。

そしていつかは旭川にも来てくれないかなぁ...








『ナタリー - [Power Push] FOLKS「NEWTOWN」インタビュー』 http://natalie.mu/music/pp/folks

公式サイト http://www.sonymusic.co.jp/ipn/Arch/folks/





関連過去記事

『こいつらの夢に果てがありませんように.....(-人-)「Take off/FOLKS」/インディーズ/2013年/音楽/感想』http://lainblog.seesaa.net/article/358234934.html

この記事へのコメント