人生変えたい恋かもねっ♡『鍵泥棒のメソッド』/内田けんじ(監督・脚本)/堺雅人/香川照之/2012年/映画/感想

 去年TVドラマ「半沢直樹」で『倍返しだっ!』を鬱陶しいほど流行らせた男”堺雅人”と、妙に入り組んだ経歴の持ち主で、一癖も二癖もある役ばかりの”香川 照之”が、なんやかんやで入れ替わり人生を始めてしまうと言う冗談みたいなストーリーがめちゃくちゃ面白い映画『鍵泥棒のメソッド』




 冒頭イキナリ”広末涼子”演じる”水嶋香苗”が、恋人も居ないのに結婚宣言すると言う唖然な幕開けからして凄い映画なんですが、殺し屋と思われる男が銭湯で盛大に素っ転んで気を失い、役者崩れで自殺さえ上手に出来ない駄目男が、素っ転んだ男の荷物が入ったロッカーの鍵を盗んで持ち物を持ち去った結果、トンデモ無い騒動に巻き込まれてしまうという展開の、ハラハラ感やらワクワク感やらがごっちゃになった予定調和が凄く楽しかったです。

 殺し屋らしき男は記憶を失い。鍵を盗んだ男は本当の事を言い出せずに殺し屋の男になりすまし。互いに「本来」の自分では無い人生を送り出すことになるわけなんですが、殺し屋だったはずの男”コンドウ”の方が演技が上手かったり、鍵を盗んだ男は何処で誰になりすましても良い所無しのダメダメだったりするので、2人の対照的な悪戦苦闘っぷりにいっぱい笑わせて頂きましたw

 香川さんの記憶喪失で生真面目・純朴な青年役もヤバかったけれど、コンドウの人生を大きく変えるきっかけを作る事になる病的なスケジュール管理女史”水嶋香苗”を演じた”広末涼子”も面白い役柄でしたし、やっぱりいつも脂汗かいてる印象がある堺雅人さんは悪い男や駄目な男がよく似合いますね。根っからな詐欺師っぽい顔だと思います(失言) 

 
 ある意味ラブコメでもあるし、婚活やら、就職難民やら、社会問題が盛大に盛込まれているのも上手い脚本だと思いました。堺雅人演じる"桜井"が住んでいたアパートへ記憶を失ったままの”コンドウ”が記憶を取戻すきっかけを掴むためにやって来て隣人を訪ね歩いた時、流石に別人だと分かるだろうと思ったら誰一人気付かないと言うのも、都会の寂しい現状を皮肉っているようで印象的でしたしね。三人三様の行き詰まった人生が、この出逢いで加速度的に変化してゆくのがすこぶる心地良い作品だと言えるでしょう。原作が無い邦画でこれほど面白いと感じた作品は久し振りな気がします。



 2人の男のハッピーエンドに思わずニヤリとしてしまう後味の良さも含めて隅々まで楽しめる映画でした。2012年の公開当時、劇場で観ようかどうしようか迷ったあげく止めてしまった事を今更後悔してます(´・ω・`)





 公式HP http://kagidoro.com/index.html

この記事へのコメント