今年はちゃんと開幕戦観れたw「2014年WRC開幕戦モンテカルロ」/感想

WRC
 長年王者に君臨して来た”セバスチャン”が引退し、新たな”セバスチャン”が伝説を作りつつあるWRC。


 今年は当然新たな王者を擁するフォルクスワーゲンがレースを引っ張ってゆく事は間違い無いのですが、今年はかなりドライバーやチームに動きがあって、2番手3番手が誰になるのかまったく読めず、しばらくは混沌としたチャンピオンシップになりそうで楽しみ。



 現状維持なワーゲンに対し、シトロエンは渋い選択で”クリス・ミーク”と”マッズ・オストベルグ”、フォードMスポーツは出戻りの”ヒルボネン”と初フル参戦の”エルフィン・エヴァンス”、そして去年WRC2で優勝した”ロバート・クビサ(クビカ)”もフォードから参戦。


 各チームベテランと期待の若手を組ませる順当なチョイスではありますが、シトロエンにクリス・ミークが入った事は意外と言えば意外でしたね。もっと一発の速さがあるドライバーを選んだ方が良かった気がしますけど、結果的にはクリスもオストベルグも安定した走りで1位オジェと2位に入った地元の”B.ブフィエ”に続いて3位4位でフィニッシュしたので最低限の目標を果たしてホッとひと安心という感じでしょうか?クリスよりもオストベルグ次第のチーム体制なのかもしれませんね。なんか今年も地味にワーゲンの引き立て役で終わりそうな嫌な予感がしますが.....



 そんなパッとしないシトロエンを飛び出したヒルボネンでしたが、古巣に帰ってもやっぱりパッとしませんでした。6位のエヴァンスからタイムが若干開いていたし、序盤連続トップタイムを刻むほどのペースでDAY1を3位で終えたクビサとは天と地の差が付いていました。その上最後にはトラブルでリタイアと言う運にも見放される始末。数年前にローブと同タイムを連発してた男とは思えない冴えない姿で本当に残念で仕方無い。 




 残念と言えば今年から参戦のメーカー”ヒュンダイ”


 若くて意欲的な”ティエリー・ヌービル”や”D・ソルド”を起用して、シェイクダウンでもしっかりタイムを出していたのに、開始直後ヌービルが自滅し、ソルドはマシントラブルで早々にOUT。どれだけ去年参戦初年度でチャンピオンを取ったフォルクスワーゲンが凄いことを成し遂げたのかが分かる結果でした。ファンとしてはこれくらい可愛げがある方が応援したくなりますがねw 去年2位に入ったヌービルの実力は折り紙付きですから、マシントラブルややる気の空回りなどで、シーズンを棒に振るようなことが無いことを祈りたいです。





 モンテカルロは雨やら雪やら標高で変わる難しい路面状況のおかげで順位がコロコロ入れ替わり楽しかったですね。ダークホースの”B.ブフィエ”が2位入っちゃいましたし。彼はこの先何処かでWRCに参戦して来るんでしょうか?地元じゃなくても速いのかどうなのか...ほんとローブや"ペター・ソルベルグ"が居ない選手権は新鮮過ぎて不思議な感じw


 次は完全な冬道スウェーデンですから、また違う上位争いになりそうで本当に楽しみだわ♪



この記事へのコメント