邪魔だ邪魔だどっけどけ〜〜〜3 ブルル-ン「WRC Powerslide」/XBLA/PSN/XBOX360/PS3/2013年/感想/

 WRCと言えば、一台ずつ大自然をバックに舗装道路、泥道、雪道、あらゆる道を疾走してタイムを競うレースなので、己との戦いと言う意味合いが強いのですが、このゲームでWRCはかなりアメリカンな馬鹿騒ぎレース化されてました...





 ノリノリの音楽に乗って、計4台が狭苦しいコースにひしめき我先にと鼻息を荒くして車をぶつけ合うと言うなんとも荒々しく無粋なラリーゲームされてますよねw

 マリオカート等で拾って使うアイテムがこの作品にもあり、先頭の車に雷を落としたり、自分の前をゆく車に何やらホーミングでぶつけたり、自分以外の全車両に雪を降らせてスリップさせる等のアイテムを駆使して1位を目指すことになります(アイテムの特性を理解するまでイライラしますw)


 4台で走るのも奇抜ですが、斜め上からの見下ろしタイプのレースゲームであるのも新鮮でした。ラジコンを少し高めの位置から眺めながら操作してるような感覚です。 この視点のせいでコース上の樹々が視界を遮る等のいやらしい場面も出て来ますが、逆にそういった場所でのトラブルがマルチプレイだと面白いかもしれません。

 コースの作りもなかなか凝っていて、オブジェクトはちゃんと壊れるし、有名なコースの特徴をちゃんと感じることが出来るレイアウトが綺麗なミニチュアのような趣きで、絶景まではいかなくとも良い風景だと思いました。

 
 車両についても、大味ながら3クラスごとにも、メーカーごとにも性能が若干違うのが分かりますし、オブジェクトと同じくちゃんと壊れます(性能に影響は無い) それに操作に慣れて来ると、なんちゃってパワードリフトが心地良いゲームになって来ます。

 ちなみに全8コースにSSが3つと、それぞれに3クラス分のボリュームがあり、条件を満たしてゆくと次のSSやコースがアンロックされるようになってまして、全てのコースを遊ぶには自然と3つのクラスの車に乗ることになります。初見のコースはそれぞれ個性的で楽しいのですが、コンプを目指して3クラス分遊ぶとなると、かなり終盤ダレますw

 まあ全てのコースを全てのクラスでクリアしても、たいした時間は掛からないんですけどね。唯一のオンライン実績も45分間マルチをプレイするという簡単な物なので、簡単に実績やトロフィーは獲得出来るかと思います。



 とりあえず意外と面白いWRCゲーでした。こういうアーケードライクなWRCを、もっと大手のパブリッシャーが手掛けてくれたら更に快適で刺激的なWRCになりそうな気がしました。シミュレーター系レースのリアルさに疲れたら、箱庭気分で本作を遊ぶと気分転換になることでしょう♪

 欧州に人気が片寄っているWRCなので、あえてこういった米国受けしそうなアーケードライク作品を出したって言うのもあるでしょうかね?あんまり売れないんでしょうけど、懲りずにWRCゲーの裾野をこれからも拡げていって欲しいものです (= ワ =*)

 
 ※海外でしか配信してません




 公式サイト(英語) http://www.wrcpowerslide.com

 実績wiki http://www12.atwiki.jp/xbox360score/pages/1892.html

 『斜め見下ろし型ラリーゲーム『WRC Powerslide』が海外で配信開始、ローンチトレイラー』 http://www.gamespark.jp/article/2013/03/08/39394.html

この記事へのコメント