1年遅れだから可◯偉がいる.....「F1 2012」/Codemasters(コードマスターズ)/2012年/PS3/XBOX360/感想

 日本メーカーの撤退や日本人ドライバーが乗らなくなって、個人的にはめっきり見なくなったF1。

 スカパーのパックに組み込まれたフジテレビのチャンネルで生放送を見れなくなった(パック適用外の”フジテレビNWXT”にて生放送)のも原因の一つ。

 そうして観ないうちに、ドンドン変わるドライバーやチーム、そしてレギュレーション。タイヤの使用数、セーフティカー規約、DRSの使用出来る条件さえよくわからずついていけません。。。


 そんなまったくの初心者に戻ったような僕でも、しっかり楽しめるF1を作ってくれているのが”コードマスターズ”。
 
 



 完全なシミュレーターゲームでは無いので、アーケードライクな部分や本当のF1から省かれている要素はありますが、「これこそF1だわ!」と、思わず口にしたくなるほど、テレビで観ていたF1マシンそのものがサーキットで躍動しています。

 コースレイアウトは勿論のこと、マシンの挙動が同社の「F1 2010」「F1 2011」に比べて遥かに向上。路面状況やタイヤ状況の変化を考えてレースを進めなければならないのが普通に面白い。アーケードライクな「DiRT」や「GRID」みたいなゲームばかりを手掛けて来た会社の底力を感じました。

 
 お馴染みの"キャリアモード"では、まともに3回に分けた予選を勝ち抜き、その後20周近い長い周回が待っていて、辛いのに楽しいちょっとした耐久レースが楽しめるし(モナコGPでの20周は地獄のようだった....()´д`())、"チャンピオンモード"で決められたシチュエーションから目的達成を目指すのもやりがいがある。更に刺激が欲しければマルチモードだってあるし、かなり充実したF1生活が送れます。



 いつも通り、様々なドライビングアシストもON、OFF出来るから、ヘタレからやり込みゲーマーまで等しく楽しめるはず。

 最新作”F1 2013"はもっともっと面白くなったと聞きますが、まだコードマスターズ製のF1ゲームを遊んだことが無い方や、F1 2010でガッカリされた方などは、F1 2012をプレイしてみるのも一興かもしれませんね。



 先立つものに余裕が出来たら2013を買って遊びたい。

 そして来年の秋頃また発売されるであろう"F1 2014"に、”小林可夢偉”の名前が何処かに入っていると嬉しいなぁ.........




 
 F1 2012公式サイト http://www.codemasters.jp/f1game2012/ 

 『小林可夢偉 「F1復帰への交渉は順調」』

この記事へのコメント