♪もしもギターが弾けたなら〜「僕はビートルズ」藤井哲夫(原作)/かわぐちかいじ(漫画)/2010年〜2012年/講談社/モーニングKC/漫画/感想

 「もしもあの時こうしていたら?」

 やり直しのきかない人生において、一度くらいこう考えた事があるはず。

 「壊してはいけない」何かを壊してしまった時、もしも時を遡ってやり直すことが出来るなら、「今」の自分はもっと良い「今」を過ごせていたはずだと。


 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主人公が未来の世界からスポーツ年鑑を持って帰り、賭け事に使おうと魔がさしてしまいそうになるなんて話もあったけれど、もしも過去を書き換えることが出来るなら、その誘惑に勝てる人は居ないことでしょう。ましてや自分たちにそれだけの実力があれば尚の事、誰かに先んじて大きなことを成してみたいと思うはず。

 「僕はビートルズ」は、そんな誘惑に負けたことで大きな”咎”を背負うことになった4人のビートルズ好きの物語だった。
 
IMG_8049_convert_20130923200126.jpg


 4人はテクニックだけなら本物に負けないと自負する”ファブ・フォー”としてビートルズのコピーバンドをやっていた。それぞれに認め合う物があって自然と集まった4人だが、ビートルズバンドの世界的コンベンションに参加が決まってからギクシャクし出すことになり、”ジョン・レノン”の位置を占めていた”礼”がコンベンション前に脱退してしまう。

 そして4人最後のライブの後、起きるはずの無いことが起きてしまう。ビートルズがデビューする1年前、1961年にタイムスリップしてしまったのだ。

 おかれた状況に困惑しながらも、「もしも」自分達がビートルズの曲を本物より先に世界でヒットさせれば、彼等はそれに触発されてもっと凄い作品を作るのでは無いかと言う結論に打ち当たることに.....



 勿論彼等の思惑通りにいくはずもなく、沢山の問題が起きる。

 未来人だから戸籍も無いし、まだまだ演歌が一番な日本でビートルズの曲を受け入れてくれる場所を探すのも難しい。脱退したメンバーを連れ戻すのも一苦労。

 しかし、そんな困難の一つ一つが、タイムスリップ時にバラバラになっていたファブフォーをまとめてゆき、4人それぞれ葛藤しながらビートルズへの愛を示し続けようとします。

 僕は特にビートルズの熱狂的ファンと言うわけでは無いけれど、ファブフォーを通して伝わって来る”藤井哲夫”さんと”かわぐちかいじ”さんのビートルズ愛はとても熱い。随所にビートルズの足跡を織り交ぜて物語は進行してゆくので、ビートルズファンなら120%楽しめることでしょうね。

 

 もしも日本が原潜を作ったら?

 もしも東西2つに日本が引き裂かれたら?

 もしもあの大戦時に最新鋭の戦艦が存在していたら?

 
 そんな「もしも」が大好きな”かわぐち”さんらしい題材でしたし、「本物」と「模倣」その2つが交わった時の化学反応が実にそそる作品でした。

 次も音楽ネタを考えていると言う藤井さん。また”かわぐち”さんが作画してくれたら、しっくり来ちゃうんだろうなと、ついつい思うほど”藤井×かわぐち”の化学反応も上手くいっていましたね。

 
 かわぐちさんは65歳と現役を続けるのは厳しくなって来ていますが、お二人ともこれからも面白い物を作っていって欲しいものです(´-`)シミジミ....
 



 第25回MANGA OPEN賞選考結果 http://www.e-1day.jp/morning/award_ext/mo25_final.html

 公式サイト http://morningmanga.com/lineup/95




 関連過去記事

  『愛したが故に、ビートルズを葬る事になった男達。「僕はビートルズ」/かわぐち かいじ/藤井 哲夫(原作)/モーニング/講談社/2010年〜2012年/漫画/感想』

この記事へのコメント