これだからアメリカは嫌われる....「アルゴ」/ベン・アフレック(監督・主演)/2012年/米国/映画/感想

 革命に揺れる1979年のイラン。


 長年イランで圧政を敷いていた皇帝の亡命を米国が受け入れたことにより反米感情が爆発。


 米国大使館の中にまで暴徒が乱入する事態に落ち入って、ほとんどの外交員が圧政者の身柄引き渡しの道具として人質にされてしまう。


 脱出出来たのはわずか6人。


 人質解放へといっこうに進まないまま時は過ぎ、カナダ大使館で匿うのにも限界が来て、アメリカは過去に例を見ない奇抜で平和的な脱出計画を押し進めることに....





 この作品の予告を観た時は、結構骨太な史実に沿った内容なのかと思っていたんですけど、観始めるとどうにもこうにもアメリカ人らしい自虐と敵意に満ちた内容で、この作品の公開に触発されたイランが同事件を自分達の視点でもって映画を作ったのも頷けました。


 監督で主演の”ベン・アフレック”は、政治的にも人道面においても真面目な人という印象があるものの、アルゴに関しては史実と違う点が多いうえ中途半端に娯楽作としようとしたせいで、イラン側の歴史背景を冒頭の数分だけ描写して終わりと言うのがいただけない。事務所やら脚本やら役者やらそっくり用意して架空の映画作りを装い6人を現地から脱出させようと言うネタだけが面白い感じ。


 いっそ架空の国・人で同じ内容の作品を作った方が正解でしたね。沢山の人々と仕事をして映画は出来上がるわけで、確かに監督一人の責任では無いのかもしれないけれど、実名と実際の事件をモチーフにするならば、歴史的背景を正確に反映すべきでした。この辺りの詰めの甘さがぬるま湯に浸かったアメリカ人である証拠だと思われても仕方無いのかもしれません。




 最終的には誰一人殺されずにアメリカへと帰国出来たこの事件。CIAの工作員やアメリカに協力したカナダの貢献を褒める以上に、全員無事に返還したイランのことも少しは評価すべきでした。


 ある意味逃げ出さなければなんの問題も無かった話なのかもしれない。正直まだ人質のままで堪えている人々がいるのに脱出を喜び合う主人公達が非常に薄ら寒く見えました。


 だいたい79年当時は日本だって学生運動が盛んでしたし、世界的にまだまだ大戦の余波が残る不安定な時代ですから、イランだけが特別過激だったわけでは無いと思うのです。勿論中東はいまだに攻撃的な人が多い地域で、ぼくらみたいな長いものに巻かれよう人間が住まう国に比べれば遥かに怖い国ではありますがねw


 日本と韓国の歴史問題じゃないけれど、お互いの持つ歴史観の差異を少しでも減らして行かないことには中東問題は解決しそうにないことでしょう.....




 まあ、僕が気にしても解決しませんけどね☆(ゝω・)vキャピ ←無責任男












関連過去記事


「自然を見つめるように、人を見つめる男の美学「トゥ・ザ・ワンダー」/テレンス・マリック/2013年/米国/映画/感想」


この記事へのコメント