劇場版による補完の有り様にぐちぐち「UN-GO episode:0 因果論」/水島精二/2011年/アニメ/映画/感想

 まだまだ終わらないプラモ作りのおかげで、やっと「UN-GO」の劇場版を消化出来ました。




 UN-GOは古き神々の力がちょいちょい絡んで来る反則気味の探偵アニメなんですが、その神の力の裏をかく駆け引きや頭脳戦が実に奇抜で、相手にたった一つだけどんな質問でも答えさせる事が出来る神の化身”因果”を使い、ライバルであり自分と違って社会的地位も確立している”海勝 麟六”と競うように主人公の”結城新十郎”が事件の真相に近づいていくのが実に面白い作品です。


 流石はノイタミナ枠だなぁ〜と思いつつTVシリーズは観ていたものの、急にお話が飛んだように感じた瞬間がありました。因果と同じく神である”別天王”が現れた時です。

 別天王は自分と契約した人間の言葉通りの世界を周りの人間に見せる事が出来るのですが、その能力については既にみんな知っている体でストーリーが進むので非常に戸惑いました。別天王と新十郎達が出会うエピソードを描いた劇場版を良いタイミングで見れればそれで良かったのかもしれませんけど、僕の住む北海道での放送は3ヶ月ほどズレ込んでいましたし、劇場版のDVD発売も放送後と言うことで完全に意味不明でした。

 劇場版は劇場版としてそれなりに観れる作品だったように思いますけど、たった49分間なのですから2話分に分けてTVシリーズに組み込んで欲しかったです。そうすればTVシリーズの良い盛り上がり最中に水を差された気分にもならず最後までUN-GOの世界観を楽しめた事でしょう。


 収益の回収やマルチメディア展開の一環から短期間上映目的で劇場版を作るのが常套手段になりつつありますが、劇場版は劇場版、TVシリーズはTVシリーズで楽しめるように構成して欲しいものですなぁ。



 なんだか製作会社の営業に良いように踊らされているようで不愉快ですが、それでも続きをみたいと考えてしまう力のあるシリーズでしたよね、実際のところ....

 で、どうですか?続編作ってみてわ (= ワ =*)じ〜



 公式HP http://www.un-go.com/




 関連過去記事
 
  『こんな融合の仕方もいいねw「UN-GO」/水島精二(監督)/坂口安吾(原案)/會川昇(脚本)/ボンズ/2011年/アニメ/感想』

  『ちょこっと読了「明治開化 安吾捕物」/坂口安吾/1953年/小説/感想』

この記事へのコメント