夏と言えば恋かぁ...『あの夏で待ってる』/長井龍雪(監督)/J.C.STAFF/2012年/アニメ/感想

 急遽夜勤の仕事が入り昨日の日中休みになった為、3年振りにプラモ作りを開始しまして、そのお供に「あの夏で待ってる」を垂れ流していました。




 地球を目指してやって来た美しい宇宙人が、着陸の際ウッカリ死なせてしまいそうになった男の子と恋仲になってゆくと言う王道ラブコメで、直接的な繋がりは描写されませんが、登場人物が「最優先事項よ」と口走ってみたり、過去に地球を訪れた宇宙人の残したメッセージが「おねがい☆ティーチャー」のヒロイン”風見みずほ”のものとしか思えないので、”おねがい”シリーズの3作目だと思いながら僕は観ていました。丁度おねがいティーチャーから数えて10年目の節目でもありましたしね。

 今作は「おねがいツインズ」のような同年代同士の複雑な恋愛模様と、1作目のシチュエーションとが組み合わさったような作品で、グラマラスでマザコン男がコロッと恋に落ちそうな赤毛のヒロインの登場に揺れる少年少女達のなかなか噛み合ない好きのベクトルが甘酸っぱくてもどかしいストーリーでした。

 ご都合まみれで強引な描写も多々あるけれど、キュン♡としてしまう雰囲気作りが上手かったです。主人公によるモノローグも良かったし、夏の陽射しが産み落とす陰影の表現が特に素晴らしかった。この辺りの下支えがあるからベタな展開やキャラの魅力が増していたのでしょうね。

 今回初めて”羽音たらく”さんの描く主人公が好きになれましたし、主人公とヒロインが改めてお互いの気持ちを確かめ合いながら、「これで5回目」とヒロインがつぶやきつつ主人公にキスをするシーンは鳥肌が立つ想いでした。こんな夏を過ごした事ナイワー!羨まし過ぎました..._/乙(、ン、)_

 ほんと可愛らしくエッチなヒロインのここぞと言う場面での積極性がたまらないのがおねがいシリーズですね♡



 それはそれとして、脚本の黒田さんなんですけど、あまりオリジナル作品の脚本とか書いてませんし、書けないのかもしれませんけど、おねがいシリーズから完全に切り離したオリジナルが観てみたいです。「無限のリヴァイアス」や「スクライド」、今回の「あの夏で待ってる」もそうですけど、何処かやり切れていない感がやはりあるように思いました。

 脚本だけの問題じゃないと思いますけど、監督は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で深々と僕らの心をえぐった”長井龍雪”さんですし、どうしても脚本の力不足に原因を感じてしまわなくも無い。

 この夏、巨匠である”宮崎駿”さんが自身の今まで避けて来た領域へ脚を踏み入れ「風立ちぬ」を作ったように、あと一歩踏み込めば忘れられない夏の想い出になれたかもしれないのが残念でした.... 



 黒田さんは良い意味でも悪い意味でも期待通りだったけれど、”長井龍雪”さんは『夏』の演出に磨きが掛かって来たように思います。長井作品は夏の風物詩と言っても過言では無いでしょうw

 もうすぐ「あの花」の劇場版も公開になりますし、来年はどんな作品で僕らに夏を届けてくれるのでしょうね?(ゝω・)




 公式サイト http://www.ichika-ichika.com




 関連過去記事
  「この2人は熱い♡「あの夏で待ってる/長井龍雪(監督)/黒田洋介(脚本)/羽音たらく(キャラ原案)/J.C.STAFF/2012年/アニメ/感想」」

この記事へのコメント