まだまだ攻殻は死なないコンテンツだった!『攻殻機動隊 ARISE 1』/黄瀬和哉(監督)/冲方丁(脚本)/2013年/Production I.G /感想

 世界中にジャパニメーションの凄さを見せ付けた金字塔「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」

 そしてその魅力を上手く引き継いだTVシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」

 それぞれ続編が作られ、世界的にもヒットしたものの、あまりにも世界観が出来上がり過ぎてしまい、もうこれ以上拡げる余地が無くなって飽和状態になっていたように思います。

 正直これ以上無いくらいに劇場版とTVシリーズそれぞれの終わり方は完成度が高かったと思います。「イノセンス」のバトーにしても、「S.A.C. 2ndGIG」のクゼにしても....


 だから押井守さんの影響下で製作していたS.A.C.から美術以外のキャストもスタッフも総入れ替えして作る「攻殻機動隊ARISE」の製作が発表された時、これは面白い事になるぞと素直に興奮しました。何より大好きな”坂本真綾”が主役をやる事になりましたしね。




 長い間今までのキャストが声を担当して来ましたから、意外と不満の声が上がるかと思ったのですが、ポジティブな声が多くて安心しました。今回は今までで1番素子が若い頃の話に当たるため、大人っぽい声より少年らしい声質の真綾がハマって見えるからでしょう。キャラ絵もそれに合わせて若い感じに仕上がっています。

 ストーリーに関しては、確固たる『自分』を判別する事が難しい電脳化された世界だからこそ成立するミステリーを”冲方丁”さんが上手くまとめており、素子が上官の死の真相を追いながら馴染みのメンバーと繋がってゆく構成のため、完全に既存の攻殻と繋がりが無い完全新作なのに自然と新生した攻殻機動隊の世界に入り易くなっているのが良いですね。上司をハメた連中にキレたり、まだまだ他人に裏を掛かれるような甘さを見せる感情的な素子の姿も見所でしたw

 他にもリアルさを求めた渋い効果音がじわじわ来るアクションシーンもキマっていましたし、”沢城みゆき”演じるフチコマの旧式モデルっぽい"ロジコマ”がまた萌えをもたらしてくれそうなのも嬉しい♡

 微妙かと思ったコーネリアスのBGMも、慣れれば懐かしの未来世界の匂いがして来て独特な新空間を作る事に貢献していました。ED曲はSlyuの新活動名義”salyuk×salyu”で最高にカッコイイしね♪





 あらゆる面で”Production I.G”の本気を感じる仕上がりでした。2流の会社なら今までと大差無い製作陣で新作を製作した事でしょう。まだそれぞれ固さがあるような気もしますが、何話か作ってゆくうちに良い流れを産んで行きそうで楽しみですゞ(*ゝω・)ノ


 それにしても、攻殻機動隊に今が追いつくには、あと何年掛かるのでしょうね?

 1989年に原作が世に出てから20年以上経過しても、まったく色褪せない攻殻の世界。まだしばらくは広大な可能性を秘めた存在であり続けるのかもしれません....



 公式HP http://www.kokaku-a.com/

この記事へのコメント