最後も最低に凄いぞっ!!『ハングオーバー!!! 最後の反省会』トッド・フィリップス(監督)/2013年/米国/感想

 最低で最高な”ハングオーバー(二日酔い)”の怖さを味わって来た4人は、あれからいたって普通の生活を送っていた。唯一気掛かりなのは大問題児でアラフォーニートの”アラン”だけ。

 治療薬も飲まず家族を傷つけてばかりのアランを仲間達はなんとか更生させてやろうとしていたのだが、思わぬ横槍が入りまたも大騒動が勃発!

 これまたが付くほどの問題児であり変態である犯罪者”チャウ”のせいでドイヒー目にまた逢わされる事になるんですよねぇ....




 今までは誰かの結婚をダシに羽目を外し過ぎた男たちの最悪の目覚めからストーリーが加速していく展開でしたが、今回はあえて二日酔いからのスタートはしませんでした。しかし、シリーズを締めるに相応しい勢いでオープニングから畳み掛けて来るので、しばらく声出まくりで笑ってしまいましたwww

 かなり下品結構若い女性集団なんかもいて、笑うツボが僕のようなオジさんと同じなところをみると、あぁ、女子ってやっぱこういう下品なのが本心では好きなんだなぁ〜って、しみじみ思っちゃいましたねぇ (= ワ =*)
 


 2ほど悪趣味でお客さんが引いてしまうギャグは少ないものの、真顔がブレないアランのマイペース具合と、脂汗の質感から喋り方まで隅々キモいチャウがキレキレで過去最高の動きでしたし、最後の最後でステュの見せ場もやってくるので、シリーズファンなら絶対満足する事でしょうw

ここら辺で止めとけよっ

 と言いたくなるやり過ぎな悪ノリがあってこそハングオーバーでしたね。これで終わりなのは寂しいけど、これで終わりにしないとくどくなりそうでもありますw

 アラン役の”ザック・ガリフィアナキス”もそろそろ真面目な役がやりたそうな発言してましたし、せめてハングオーバーからだけでも解放してあげないとwww


 『『ハングオーバー』アラン役のザック、真面目な人物を演じたい』
 

 最後の最後でちょっぴり大人になったアラン。ザック自身も役者として新しい自分になりたいんでしょうね。

 ”チャウ”役の”ケン・チョン”はしばらくああいうキャラから逃れられないでしょうけどねゞ(*ゝω・)ノ



 公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover3/



 関連過去記事
  『酒は飲んでも飲まれるなっ!「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い/トッド・フィリップス(監督)/2009年/米国/映画/感想」』

  『バンコクに囚われた男達...「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」/トッド・フィリップス/2011年/米国/映画/感想』

この記事へのコメント