正しさの先にあるものは?『別離』アスガル・ファルハーディー(監督)/2011年/イラン/映画/感想

 おそらく初めてイラン映画を見た。

 ちゃんとイランの人間が中東を撮るとこうなるのかと、胃がキリキリする内容ながらも興味深く拝見しました。




 とある夫婦が離婚云々の手続きの為、判事を前に口論しているシーンから始まる。

 子供や自分の将来を考え、海外で生活したい妻に対し、認知症の父親がいるため国を出るわけには行かないと言い張り譲らない夫。結局離婚は認められなかったが、妻は実家に帰る事に。


 妻の代わりに認知症の父親の世話を見て貰うため、とある女性を雇う夫。しかし女性が父親の世話を放棄して出掛けていた事と、あったはずのお金が無くなっていた事に怒ってヘルパーを自宅から追い出してしまう。

 しかし、その際転倒したのが原因で流産したと訴えられる事になる夫。そこからは冒頭の夫婦のやるとリ以上に胃が痛くなる空気感が最後まで続き、互いに正しさを主張し合う者達の衝突が見てて非常に辛いです。観終わったあと、嫌ぁ〜な疲労感がどっと押し寄せて来ました…(ヽ´3`;)〜3フゥ



 夫の望みを無視して環境を変えたい妻が悪かったのか?

 父親をダシに意固地になって妻や子供の将来を考えなかった夫が悪いのか?

 そもそも認知症になってしまった父親が全ての元凶だと考えてしまいたくなる、どうしようもない苛立ちと哀しみの連鎖が寂しい作品でした。



 女性を虐げ。自分達の信仰以外は邪悪なモノと決めつけ。コーランの前では誰も命を惜しんではならないと教えている前時代的思想を持ち、戦時中の日本人のような『覚悟』が蔓延している国々がイスラム圏だと勝手に思っているような節が僕の中ではあるのですが、実際には僕らとなんら変わらない悩みに満ちている人々が大部分を占める国なのだと改めて思いました。

 ハッキリ言ってスッキリしない映画ですし、娯楽性にも感動にもほど遠く、罪の意識が充満しているだけの作品だと言えなくもないですが、イスラム圏なればこその悩みが新鮮ですし、生々しい緊張感の出し方がなかなかに現実的で良い映画です。娘が”どちら”を選ぶか判事室の外で待ち続けるシーンと共に流れ出すエンドロールの静けさも印象的。
 
 
 
 なにかと近隣との争いが絶えず、良いイメージを持てない中東ですが、もっと「内」から「外」へ自分達の自然な人間性をアピールした映画や本を出してゆけば、お互い理解が高まって偏見が薄れてゆくように思います。

 自己の正当性ばかりを主張する事の、愚かしさに気付けるこの作品は、イラン国内外に向けてあらゆる問題を提起していたのかもしれませんね。




 公式HP http://www.betsuri.com
 アスガル・ファルハーディー氏HP http://asgharfarhadi.com
 

この記事へのコメント