何度目だ?人類存亡の危機?!「Oblivion(オブリビオン)」トム・クルーズ(主演)/2013年/米国/映画/感想

 多くのゲーマーがまさかあのゲームの映画化か?!

 と反応してしまった”トム・クルーズ”主演の映画「Oblivion(オブリビオン)」

 
 当然「あの」オブリビオンとは関係無く、異性人との戦争に勝ったが大き過ぎる代償を払ってしまった2077年の地球が舞台のSF作品だ。

 ※直ぐに先が読めてしまうので、この予告は観ない方が良いかもしれません

 

 異性人”スカヴ”との戦争に勝ったものの、まともに住めない星になった地球で、主人公の”ジャック”は人類の新天地であるタイタンに必要な水の採取作業を見守る任務を、パートナーである”ヴィクトリア”とアダムとイブな2人っきりで行っていた。

 上空1000メートルにあるお洒落な基地で過ごす彼等は、ガラス張りのプールで全裸で抱き合ったりしつつも、水を集めている超巨大プラントの監視と自動で敵と戦ってくれる”ドローン”の運営と言う飽きが来ちゃうお仕事を繰り返していたのだが、荒れ果てた地球に落下して来た宇宙船の生き残りの女性を主人公が助けてから一気にキナ臭い展開になってゆきます。


 この辺りまでは世界観やメカ、トムのアクションシーンいずれも良い感じなんですが、どうも脚本が王道過ぎるのか、トム・クルーズの演技が素直過ぎるせいなのか、完全に先が読めてしまいました。

 予告編にしてもそうです。異性人であるスカヴの正体について簡単に連想させてしまう内容ですし、売り文句だったはずの『SFスリラー』から”スリラー”だけすっぽり抜け落ちてゆくのが勿体無かった。

 信じていた世界が覆されて主人公が葛藤し始めるって言うシチュエーションは昔から好きなんですけど、こんな分り易いミスリードでは驚きが弱いです。色々と不都合なところに蓋をしてしまったのもあって、最後の綺麗にまとめ過ぎた結末が気に入らない人も続出しているオブリビオン。せめて予告編だけでも差し替えておいた方が良かったような(´・ω・`)ウーム


 
 SF部分は非常にツボだったので、もう一捻り足りなかった脚本には本当に残念。若い役者を起用した方が良さそうな役どころをトム・クルーズもなかなか頑張ってましたしねwそろそろアクションシーン辛いでしょうに( ´,_ゝ`)ニヤニヤ

 あとあれですね、日本のヒーローがご近所から地球の平和まで手広く護り過ぎなのと同じで、米国人は人類存亡を賭けた映画が多過ぎますね。そろそろ国民に外敵への恐怖心を植え付ける施策の一環なのか?と言われても仕方無いレベルです....

 人類全体の大袈裟な平和を護る映画も良いですけど、もっと「隣り」の誰かを大事にする映画をハリウッドは地味に作るべきでしょうなぁ。



 さて、こんな不満たらたらで書いて来ましたけど、雲の上にある基地から見える風景や、主人公が独りになりに訪れる隠れ家が素敵だったし、主人公と一緒に任務に付いてる女性の素っ裸な”尻エット”、いや”シルエット”もめちゃ綺麗でしたから観て損をするまではいかないと思うので、迷っている方は過剰な期待をせずにトムに逢いに行くのが良いかと思います。


 更にネタバレになるので書きませんが、色んな場面で「忘却(Oblivion)」の二文字を思い出させる映画ではありました (= ワ =*)

 



 公式HP http://oblivion-movie.jp

この記事へのコメント