ペイントのしたたる良いゲィム...ウホッ♡「NPPL Championship Paintball 2009」/Activision/2008年/PS3/XBOX360/米国/感想

『United States of America』

 本国イギリスから遠く離れた広大な大地に産まれたこの国は、その開拓精神から多くの争いを経て、多他民族の文化を抱える実質地球上で1番影響力のある国へと成長した。

 そのため多種に渡るスポーツも盛んな土地であり、世界規模の競技からバカパクなしょうもない競技まで、お金と時間を持て余した大馬鹿野郎共が大真面目にはしゃいでいたりする。

 このゲームも、そんなしょうもない遊びを本気で楽しむ連中の素敵な恥部と言えるだろう♡




”NPPL”「National Professional Paintball League」とは、普通のサバゲーとは違い、まるでモトクロスの選手のような完全防備で身を包み、エアブラシのハンドピースを馬鹿でかくしてバレルを取り付けたようなペイントガンを撃ち合う競技で、相手を全滅させたり、相手陣地の旗を自陣地に持ち帰る事で勝ち負けを決めたりする競技の事。

 やってる事は幼稚な男の自己満足なわけだけど、ここまで大袈裟なものに発展すると脱帽したくなるレベルなのが流石アメリカ.....

 このゲーム化にしても、元請けであるアクティビジョン御得意のCoDな操作性をぶち込むのではなく、ちゃんと競技のキモであるテクニックを盛込み作っており、ダッシュ後に障害物の影などへダイブ出来たり、上下左右から覗き見つつ撃つ、銃を左右逆に持ち替える、等の特殊な操作も出来るため、ちゃんとNPPLを体験出来ている気になれるものを、それなりに本気で作っていますW


 
 ゲーム自体はシンプルで、対戦人数や障害物の種類や量の差ぐらいしかバリエーションは無いですから、非常に単調ではあるものの、独特なペイントガンの音も相俟って、童心に帰って水鉄砲で遊んでいるような気分になりました。

 いつもとは違う感覚のFPSで遊ぶのは新鮮で面白いですね。これはマルチプレイ(試して無いけど過疎ってそうな…)で遊ぶと更に面白さが倍増しそうで良いかも。
 

 残念ながら同シリーズはこれ一作しか存在しないですが、「Greg Hastings' Paintball 2」と言うのがXBOX360で出ているのでやってみたいですなぁ。

 

 リアルでもゲームでも両手をべっとりと血に染めたアメリカではありますが、時には血ではなくペイントが滴る平和なアメリカ製FPSもいかがでしょうか?ヾ(*‘ω‘ )


 ※XBOX360版はリージョンロック有り

 

 日本ペイントボール協会 http://www.npojpa.net
 NPPLサイト(英語) http://nppl.com

この記事へのコメント