めくるめく逆転生活「とりかえ・ばや」/さいとうちほ/フラワーコミックスα/小学館/2013年/漫画/感想

 今年に入り、ブルーレイBOX発売に合わせた原画展や特別上映会等を展開して来た『少女革命ウテナ』でもお馴染みの”さいとうちほ”さん。

 面長な麗人を描かせれば随一の存在感で、何度となく性の有り様を超えて来た作品群は、冷めない夢を追う少女達にとってバイブルとも言えます。


 そんな”さいとうちほ”さんが僕らに放った新たな刺客は、男女逆転のサクセスストーリー?



 平安時代の超上級貴族の家で2人の奥方がほぼ同時に子供を産み、2人とも何処に出しても恥ずかしく無い美人へと成長したのだが、いかんせんボンクラで優柔不断な父親が、男らしい女子を男として、女らしい男児を女子として育ててしまったから大変だ....

 母親が違うのに双子のようにそっくりな顔をした2人が、そのまま男女逆転したまま京の大きなうねりに飲み込まれそうになりつつ、それをどう切り抜けてゆくかが非常に気になりますw

 今作には平安時代後期に発表されたという作者不詳の原作があり、巻末でさいとうちほさんが書いてもいましたが、この時代にこんな倒錯した性の物語が日本に存在していた事は驚きで、しかもそれが1000年の時を経て現代の流れにピッタリハマって来ると言うのはなんとも皮肉な話です....

 今でもジェンダーはマイノリティですし、当時の人々の眼にもかなり異色な物に映って大変だった事でしょうねw原作を現代人が読み易いものに変更したものをネットにあげてらっしゃる方がいるので、機会を作って読んでみたいところです♪

 

 さて、今のところ男装してる女の子メインで進んでおり、女好きな友人と女の感で男装を見抜いている悪女に振り回されているのが、昼ドラを盛り上げる方程式のようなひやひやもので最高なんですけど、ただ次は女装してる子の方をもっと盛り上げて欲しいかなwせっかく男女逆転が見所の作品なわけですしね♪


 お決まりと言えばお決まりなのに、ここまで面白くしてくれる”さとうちほ”さん大好きです♡(つω`*)



image-20130524215110.png
※帯のセンスが絶妙だったのでそのまま写真を思わず撮りましたw
 


 とりかえばや物語(原文) http://www.komazawa-u.ac.jp/~hagi/txt_torikahebaya.txt

 同(訳文) http://yamanekoya.jp/torikaebaya/index.html

この記事へのコメント