ようやく形になって来たMilestone製ラリー『WRC 2 FIA World Rally Championship』/Milestone/サイバーフロント/2011年/PS3/XBOX360/ゲーム/感想

 ウイイレと平行して遊んでいた『WRC 2 FIA World Rally Championship』のいわゆるキャリアモードの"The Road to the WRC"をようやくクリアしました。



 最初はお決まりの下のクラスで戦い、レースで結果を出すたび上のクラスがアンロックされる仕組みで、1年が終わるたびクラスを選択してゆくのですが、1クラスごとにかなりのイベント数があるうえ、勿論ラリーですから1日だけで終わるイベントも少なく、DAY1だけで3分〜5分程度かかるレースを20〜30ほどこなさなければならず、しかもそれが全部で9クラス分あるからとんでもなく時間が掛かりました.....

 ゲームのシステム自体は前作と変わらずシンプルと言うか地味ですし、ラリーチームと契約を結んでスポンサーを確保しメカニック等を雇うような要素が増えていてもあまり意味は無い感じだし、レースも普通のラリーにスーパーSSを時々入れて来るだけの単調なもので、何シーズンか遊んでいると居眠りしてしまいそうなほど飽きて来ます。

 それでもどうにか最後まで遊べた理由は、グラフィックと操作性の向上が思いの外なされていたからで、ちょっと出来の悪いDiRTシリーズだと思って遊べば許せる範囲でした。

 
 ただやっぱりオカシイ所(ウォータースプラッシュの色が青過ぎる・ペースノートの読み上げが遅い・天候の変化が無い...etc)はまだまだ多いわけで、ちょっとした段差で直ぐ片輪が浮いてひっくり返ったり、ウォールに少し擦っただけで車両が横を向いてしまったりするのには本当にイライラして、マシンの挙動やコースレイアウトの微妙さに何度もコントローラーを投げたくなりました....


image-20130524104816.png
※走っていると地面にマシンが吸い込まれていく不具合も1度ありました...




 まあ、喉元過ぎればなんとやらという言葉もあるように、こんなクソ仕様にも人間順応しちゃうもので、これはこれと考えれば意外とスリルの一つとして楽しめましたw失敗した時巻き戻すリワインドが搭載されたのは大きかったです。マンネリして来たらマシンの壊れ易さやライバルの速さを設定で弄ってやれば緊張感も蘇りますしねw

 まだまだバグも多いですし、演出面も地味でやり込む気力を持続させるのが難しいソフトですが、WRC3をやってみたいけどまだ高いなぁ〜って、思ってる人は2から入るのも悪く無いかもしれません。

 でも初代だけは絶対やめた方が良いです(真顔



 今発売中の3は2よりもまた少し良くなったとも聞きましたし、唯一のWRC公認ソフトとしていずれはDiRTシリーズに肩を並べるオフロードレースゲームになれるよう、これからも続編を出し続けて欲しいものですなぁ。


 ついでにラリージャパンが復活してくれれば国内でもWRC熱が上がってソフト売れるかも......




 WRC2公式サイト http://www.cyberfront.co.jp/title/wrc2/
 WRC3公式サイト http://www.cyberfront.co.jp/title/wrc3/
 WRC2 レベル100への道 http://mackenmov.sunnyday.jp/macken/game/WRC2/index.html
 

 追記

 一部のサイトでリージョンフリーだと言う情報があったので、駄目元で欧州版しかないXBOX360版のWRC3を買ってみましたが、やっぱり起動しませんでした。

 欧州版の本体を買うのはキツイですから、皆様はPS3版のを素直にお買い上げ下さいo┐ペコリ

この記事へのコメント