あの作家は今?....「多田由美」

 その昔、イラストレーターや漫画家を目指す人向けに「コミッカーズ」と言う季刊誌があり、美麗なイラストと共に有名な絵描きさん達の仕事道具やテクニックなんかもちょいちょい取り上げていました。

 残念ながら、雑誌が売れない時代にコアな層をターゲットにしていた事と、価格設定の高さが仇になったのか、発刊ペースや雑誌名を変更しつつ騙し騙し10年以上続いたものの廃刊になってしまいました。

 コミッカーズがあったから好きなイラストレーターの手法や気付いていなかった魅力を知り得た部分も大きかったですし、新たな出逢いの場としても多いに意味のある雑誌でしたね。のちに雪風で完全に意識するようになった"多田由美"さんとの出会いもコミッカーズでした。


 多田さんの短編漫画がコミッカーズに載っていたのを読んだわけですが、海外と同じ左開きで読むスタイルも僕には新鮮でしたけど、既存の漫画製作の型にハマらないシンプルでラフな線で描かれた美しく作画もあいまって、多田由美さんが構築する脆く簡単に壊れてしまう人間模様にビビビっと(死語)来てしまいました。
 
 この短編は引き蘢りの青年が唯一心を許す女性との大切な時間を奪われ、家族に部屋から強引に連れ出されてしまうと言うもので、正直どうしようもない男のどうしようも無い姿を描いただけとも言えるわけですが、感情に流されるままに叫ぶ引き蘢りの青年が妙に愛おしくなってしまうのが不思議だった。

IMG_6294.JPG
※「ニュートラル」と言うタイトルで、『ベイビー・ブルー・アイズ』と言う由美さんのBest版コミックに収録されています。


 これは多田さんの作品全般に言える事で、「ナニヤッテンダ!」って言いたくなるようなどうしようもない堂々巡りを繰り返し、墓穴を掘りながら己の業に翻弄されてゆく登場人物が多く描かれており、恵まれない状況に苛立ちを隠せない彼等の、罪悪感塗れな正直過ぎる欲求が虚しく切ない後味を残します。

 「内気なジョニー」という多田さんの単行本の帯に”江口寿史”氏が「タランティーノだウォン・カーウァイだのと言う前に、日本の多田由美を読みなさい!」と、コメントを寄せていましたが、まさにその通り。

 多田由美作品の独自性は時が流れても揺るがない力を持っており、過去の作品を振り返っても素晴らしい個性を放っています。知る人ぞ知る漫画家さんで終わってしまっては、本当に勿体無い気がしますね......




 残念ながら、ここ数年は小説の表紙や同人誌等の活動しかなされていませんが、いつのまにか准教授になっていた多田さんには是非多くの学生に卓越した技や心を教え込み、新たな多田由美を育てていって欲しいですし、持病もあるようなので身体に無理を掛けないようにして欲しいものだ。

 ただファンの我が侭を言わせてもらえば、少しでも商業ベースで作品を発表して下さる事で、多田さんの健在っぷりを確認出来て僕らも安心出来ますし、何年掛かっても良いから多田さん単独の単行本をたまには出してもらえたら嬉しいです(ゝω・)v





公式サイト http://www.tadayumi.sakura.ne.jp/

Twitter https://twitter.com/tadayumi

この記事へのコメント