しんぷる is べすと!!「Counter-Strike: GO」/Valve/2012年/XBOX360/ゲーム/感想

 日頃仕事を終えて帰宅すると、疲れているので長時間ゲームをするには億劫なので、少しだけ遊ぶのに適したゲームを思わずやってしまいます。

 まだまだ新しい発見があるBF3や、選手の成長要素があるモード”マスターリーグ”や”ビカム・ア・レジェンド”についつい夢中になるウイイレ。1作目より良く出来ているWRC2も飽きるほどのボリュームがあって時間を忘れて遊んでいます。

 だからいつまで経ってもみっちりキャンペーンモードを遊ぶようなゲームが一向に進まないw


 その中でも最近一番遊んでいた気がするのが”Counter-Strike: GO”

  


 PCでは既に伝説的FPSの最新作らしいのだけど、PCでFPSしないので今作で初めて知りました。

 プレイヤーはテロリストと対テロリスト部隊とに分かれて、決められたエリアに爆弾を設置したり解除したりを繰り返すモードや、敵を倒すごとに武器が変化する中、先に最後の武器ナイフを手にしてキル出来た方が勝ちとなるモードなど、シンプルで分り易いからこそ逆に夢中になる遊び心地がたまらなく良いゲームです。

 マップの広さや構成もバランスが良く裏も取れる設計だし、プレイヤーを強化するパークやキルストリークだって存在しないので、慌てて撃ち合いになってもしっかりエイムしてヘッドショットを決めれば撃ち勝てるのも良い。どこぞのビックタイトルはヘッドショットなんて有って無いようなものでしたから、今作の公平性はプレイヤーのやる気に火を付けてくれます。



 本当に地味なのに、FPSの旨味をこれでもかと骨の髄まで味わえるCounter-Strike: GO。少々過疎っているモードや時間帯もありますが、ちゃんと不足分のプレイヤーをAIが補ってくれるのも地味に嬉しい。結構頭が良いAIなので、油断すると裏を取られて一掃されるなんて事もざらですw

 プレイヤーが集まらなければ遊べないマルチモードが多い今日この頃、こういう救済方法が有るか無いかの差は大きいと思います。他の有名どころのFPSも導入してくれれば、実績やトロフィーが絡む過疎ってしまったゲームモードも後から遊べて嬉しいですよね。BF3のTDMクロースクオーターズやコンクエストドミネーションなんて、この頃遊んでる人観た事無いもん......



 そんなわけで、まだまだCounter-Strike: GOを遊んでしまいそうな気がする日曜日でしたヾノ*‘(エ)‘ )




 XBOX360公式紹介ページ http://marketplace.xbox.com/ja-JP/Product/Counter-Strike-GO/66acd000-77fe-1000-9115-d8025841125a

 

この記事へのコメント