机上の殺戮ヒロインが痛い...『未来日記』/細田直人(監督)/えすのサカエ(漫画)/高山カツヒコ(シリーズ構成)アスリード(製作)/2011年/アニメ/感想

 数年前、何処からともなく「未来日記面白いよ♪」と耳に入って来た時、直ぐ様連想したのは”ウッチャンナンチャン”のバラエティ番組『ウンナンのホントコ!』内の人気コーナーだった。



 オーディションで選ばれた素人さんが、未来日記に記された通りの行動をとらされ、他の素人さん達と様々なドラマを強制されると言うもので、自分の意思に反して実行しなければならない事も多い為、素人さん達の葛藤やリアクションが自然に感じられてとても面白かったものだ♪

 しかしこの未来日記の話では無い事くらい僕にも分る。何しろウンナンのホントコが放送されていたのは10年ほど前の話ですから...


 ではどの未来日記でどんな内容なのかとアニメ版が丁度再放送していたスカパーで観始める事にしたわけですが、紙媒体の日記から携帯電話をメインにした以外は基本的なネタは同じで、近い未来が分る携帯の内容に翻弄される設定はまんまパクリでした(ちなみにウンナンの未来日記はドラえもんの秘密道具のパクリでした)

 無論ドラマの方向性は恋愛主体の元祖とは違って、神様候補12人が未来日記を使って命を賭けた戦いを強制されると言うトンデモ作品なので、主要人物に都合の悪い部分は全て蓋をしてご都合満載な脚本にウンザリする場面も多く、無意味に人が死んでゆく事も多いので悪趣味な作品だと言えるでしょう。

 しかし意外と日記所有者同士の駆け引きが面白いのと、史上最悪最凶なヒロインの壊れっぷりがあまりにドが過ぎてて逆に心地良くなってゆくのが不思議だったw

 終盤はそんなヒロインの抱える哀しみにも焦点が当てられてゆくので、好きにはなれないけど嫌いになれない何かが残った気がします。一応ハッピーエンドも用意されていましたしねw



 ただ、全てが絶望に包まれてゆき最後には再構成される展開や、ヒロイン以上に好きになれなかった臆病な主人公と、そんな彼を愛してると言った”秋瀬或”♂の関係を見ていると、エヴァの影響を色濃く感じてしまった。

 確かにエヴァは面白いが、元々実写特撮に影響を受けて作られたエヴァとは違い未来日記はアニメ好きがアニメに影響を受けて作られた作品の為、2次元世界でのオリジナリティが非情に薄い。だからどうしても作者が自暴自棄になって勢いに任せ作ったのでは無いかと勘ぐってしまいたくなった。

 完全なオリジナルは確かに難しいと思いますが、まとまりの良さや細かなアイディアの存在でガラリと内容が良くなると思いますし、型にハマった2次元手法から脱却して違うジャンルから学ぶべきところを学びストーリーに深みを持たせる事も出来ると思います。

 

 まあそんなわけで、命の重さがイマイチ軽かった未来日記には努力賞を贈らせて頂きます。

 正直若い世代の鬱憤に当てられて少々疲れました.....(ヽ´ω`)






 公式HP http://www.future-diary.tv

この記事へのコメント