ずっと待ってました....『その先の風景』/藤原 薫/FEELコミックス/祥伝社/2013年/漫画/感想

 僕は終末には決まって帰り道にあるTSUTAYAへ寄る。

 そこで1週間の間にどんな本が発売になったかをチェックするわけですが、先週末は久々に『おっ!』

 と、不覚にも声が出てしまった。

 とうとう沈黙を破った”藤原薫”さんの新刊が平置きされていたからだ。

IMG_5819_convert_20130320073028.jpg

 藤原薫さんと言えば、美麗な表紙とは対照的に不安定だが独特な凄みがある止め絵と、少ないが効果的に本質を伝えるセリフがたまらなくお洒落で、ストーリーもそれに観合った背徳感たっぷりな切ない作品に仕上げる漫画家さんでしたが、絵の構図がまんまファッション紙を模写したようなものが多かった為にネットでは叩かれてしまったあたりで、ぱたっと漫画から遠退いてらっしゃいました。


 色々と葛藤があったのか?それともまったく関係の無い理由なのか?

 少し気になるところではありますが、こうして無事新刊が発売になった事が嬉しいですね♪



 いずれにせよ9年ぶりのコミックとは思えないほど今回のも面白かった。

 眠っている女性しか抱けないと豪語するイケメンと、心臓が悪いイケメンの妹との怪し気な関係が終盤見えて来るのだが、なんとも言えない狂気さでたまらない。

IMG_5822_convert_20130320073211.jpg
IMG_5825_convert_20130320074002.jpg


 結局突拍子もない冒頭から、イケメンに良いようにあしらわれた元カノの最後のセリフまで、まだまだ藤原薫さんの健在っぷりを見せ付けられました気分です。


 これ!これなんだよ!!


 そう叫びたくなるほど変わらない藤原薫ティストがここにはありました。

 本当におかえりなさい。

 
 また、たまにで良いのでコミック出して下さい。
 
 ただ今度はもう少しスパンの短い発刊で御願します....




 『コミックナタリー - 藤原薫の9年ぶり新作単行本「その先の風景」発売』 http://natalie.mu/comic/news/86294


 関連過去記事

   『あの作家は今....?「藤原 薫」』

この記事へのコメント

  • みやまる

    はじめまして。

    「藤原薫」さんで検索したら、ここに辿り着きました。

    実は、先日観た映画が、まさに藤原薫さん的な映画だったもので、誰かに話したいものの、周りに藤原薫さんを知っている人が誰もいず、話題を共有できなくて、ずっと悶々しておりました。

    デビッド・クローネンバーグ監督の息子が監督した、長編デビュー作で、『アンチ・ヴァイラル』と言うタイトルです。

    モチーフも、まんま藤原薫さん的だし、主人公の青年も、まんま藤原薫さん的です。

    もし、観る機会がありましたら、是非観てくださいませ。

    長々と失礼いたしました。
    2013年06月08日 19:13
  • lain

    ”みやまる”さんコメントありがとうございました♪

    デビッド・クローネンバーグ監督と言うと、「ザ・フライ」の監督さんですよね。息子さんのデビュー作とか興味ありますし、早速探して観てみます(*^□^*♪)
    2013年06月08日 20:03