王道は普通に面白い『ヒューマン・ターゲット』/マックG(製作)/スーパードラマTV/FOX/2010年/海外ドラマ/感想

 録り溜めして後回しにしてた、訳ありの凄腕ボディーガード"クリストファー・チャンス"が、自らの身体を張って依頼人を護るために活躍する海外ドラマ『ヒューマン・ターゲット』のシーズン1を觀終わりました。

 

 マックGが手掛けるアクションドラマなので、軽快なテンポで派手なアクションが展開して普通に面白いです。
 
 奔放で金に成らない仕事ばかりを引き受けるチャンスに振り回され気苦労の絶えない元警官の”ウィンストン”と、チャンスの元の職場からの知り合いでゲイじゃないかと疑いたくなるほど彼の言う事にだけは従うマジキチの”ゲレロ”の手を借りて、必ず警護対象を護り切るチャンスは典型的なのアメリカンヒーロー。主人公がほどよく汚れな過去を引きずっていて、直ぐに”プランB”のクセに最後にはなんとかしてしまうご都合さを持ち合わせているのはアメリカのお家芸ですよね。1話を観ただけでも分ると思いますが、彼等の人脈が便利に豊富過ぎて笑えて来る時が多々ありますw


 そんなわけで、チャンスの過去について以外は1話完結で進み全体的にスタンダードな作りなのですが、派手なアクションと軽いノリの割には意外とスケールのデカイストーリー展開になってゆくし、何をしでかすか分らないゲレロのキャラクターも最高に面白いので思わず次々と観てしまうのがヒューマン・ターゲットな感じ。何度も言いますが、普通に面白いんです♡




 ただ、残念ながらシーズン2で打ち切りになったそうな。

 おそらく予算が掛かり過ぎたのでしょうね。いくらCG技術が進歩しても毎度映画1本撮れそうなド派手アクションを繰り返していたら、幾らお金があっても足りなくなる事でしょう....



 いつも思うんですけど、アメリカのドラマってアクションに使う車や部屋の家具だとか、豪華過ぎるんですよねwアメリカンドリームなきらびやかな表現を抑えれば、相当安く済みそうな気がします。

 でも、日本のドラマみたいに質感に拘らないセットの安っぽさに比べればマシか.....┐(;´(エ)`)┌



 スーパードラマTV番組紹介 http://www.superdramatv.com/line/humantarget/

この記事へのコメント