恋人が居ない、ぼっち男性も是非お読み下さいペコリ「あなたの恋人、強奪します。-泥棒猫ヒナコの事件簿-」永嶋恵美/徳間文庫/2010年/小説/感想


『恋愛』


 この二文字って、『恋』なのか『愛』なのか酷く曖昧な気がしませんか?

 元々同じような意味合いだし、それぞれが描くイメージだけでなんとなく役割が決まっているだけな気がします。

 恋は特定の人だけを、愛は万人に向け、男である僕の中ではこんなイメージな感じ。


 じゃあ女子はどうなのだろう?

 恋=性欲? 

 愛=母性?

 
 もう耐えられないほどに傷つけられてもまだ相手を愛したり、自分から捨てたのに誰かが拾うと気に入らなかったり、優しさの大きさに眼がくらみ、相手の異常さに眼を瞑って現実から逃げたり、これも全部”恋と愛”の仕業なわけだけど、考えれば考えるほど恋と愛を分離して考える事自体がナンセンスなんだって思えて来ました。

 
 まぁ恋愛ド素人の僕が色恋を語る事自体がナンセンスなんですけどね(白眼



 今回読んだ”永嶋恵美”さんの「泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。」を読んで、なんで傷つくのが分っているのに駄目男に惹かれて行くのか焦れったくて仕方無い気分で一杯でした。

 地雷原だと分っている場所に、あえて踏み込むくらいに勇気と無謀をポケットに忍ばせた行為だとさえ思う。

 何故に人を好きになると盲目になってしまうのか?

 やっぱり動物の本能が思考を飛び越えてしまうからだろうか?...


 今作はそんな女性達の盲目な恋愛事情を中心に、恋人を文字通り強奪してくれる、女性専用サービス会社”オフィスCAT”へ依頼せずにいられなくなった顛末を描いている。

 ある女性は束縛の過ぎる相手から別れる為に。またある女性は相手を想う気持から身を引こうと考えて等、流石女性作家だけあって様々な女性の恋愛事情が細かいディティールで生々しく書かれている為、男性目線からもとても面白かったです。

 しかも当事者だけではなく、妹が姉の付き合ってる駄目男を強奪して欲しいとか、継母を別れさせて欲しい幼い女の子の物語であったりするので、最後まで飽きる事無く楽しめました。


 また、まだまだ謎の多い”オフィスCAT”の面々の優秀さと、実質恋人を強奪する担当である”皆実雛子”の七変化な美女ぶりも実に魅力的♡

 僕も強奪されたいくらいだ…...バタリ



「あなたの恋人、友だちのカレシ、強奪して差し上げます」

 とりあえず10万円以上はかかりますけど、あなたもご依頼されてはいかがかな?壁]ω・)ニャ


男の僕でもめっちゃ楽しめたおん




永嶋家の食卓 - 公式ブログ http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/638653/538091


永嶋恵美 (emi826) - Twitter https://mobile.twitter.com/emi826


徳間書店HP

「あなたの恋人、強奪します。」 http://www.tokuma.jp/bunko/tokuma-bunko/6ce568d2732b30d230ca30b3306e4e8b4ef67c3f3042306a305f306e604b4eba30015f37596a3057307e30593002


続編「別れの夜には猫がいる」
http://www.tokuma.jp/bunko/tokuma-bunko/6ce568d2732b30d230ca30b3306e4e8b4ef67c3f5225308c306e591c306b306f732b3044308b

この記事へのコメント