ダイオウイカ獲ったどぉ!(再放送)『NHKスペシャル 「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」』

 ここ数年民放の番組がつまらなくなった分、事実上国営放送と言えるNHKの番組が非常に株を上げている。


 純粋に人々が興味を持てる映像を、下手にスポンサーや芸能事務所との兼ね合いを考えずに作れるからでしょう。



 それでなくともテレビでの広告に掛けるお金を減らし、ネット広告を重視する企業が増えており、民放テレビ各局は、いかに広告料を確保するのかばかりに躍起になって、実績のある長寿番組であるとか、他所の局で成功した類似品を製作したりして、チャレンジングな事は避けているのが現状。



 だから、普段自由に行けるはずの無い深海600mを越える暗闇に生息する「ダイオウイカ」を追いかけたドキュメンタリーが、裏番組の「アバター」を遥かにしのぐ視聴率を稼いだ事も別段驚く話でも無く当然の事。


 僕は本放送を見逃したので再放送分を鑑賞してみたのですが、どこぞの監督が技術力を無駄に使って存在しない惑星と生き物をリアルに撮った内容の映画より、同じく無駄に時間とお金と技術力を使ってはいても「現実」に存在する化物を追った映像の方がよほどインパクトがありました。


 あの手この手で何年もの時間を掛け、おそらく何億単位に迫る金額をも投じて馬鹿でかい”イカ”を追う研究者達の無邪気な姿や、上手くカメラの前に引きずり出されてしまったダイオウイカの怪し気な勇姿はドキュメンタリーでしか見れない貴重な映像でした。ダイオウイカの瞬き気持悪かったなぁwwww




 ただ正直言ってダイオウイカの研究にそれほど意味があるとは思えないし、ぶっちゃけお金の無駄遣いですらあるのも事実。


 だいたい研究者なんてものは、自分の好奇心の矛先にあるものを、他者にとっても必要なものだとすり替えて、いかに周りから予算を確保し研究を続けるかばかりを考えてるわけで、いつまでも研究が役にたたなければ社会の寄生虫でしか無い。



 だけど、こんな面白い無駄なら誰でもやってみたくて当然だろう。誰を差し置いてでも探索してみたいと言う点では、深海は宇宙と同じくらい異世界なのだから。


 「行ける」のならば行きたいのが人間。好奇心は動き出したら止まらない(*ゝ∀・*)b







 ジェームズ・キャメロンさん。


 あなたもダイオウイカ観た方が良いですよ。


 そしてあなたの映画「アビス」の美しい光景を思い出して下さい....






 NHK特設深海ページ http://www.nhk.or.jp/ocean/giantcreature/

この記事へのコメント