2つの世界に心を裂かれた男の災難「アウェイク 〜引き裂かれた現実」/NBC/FOX/2012年/海外ドラマ/感想

 もう口癖になりつつある

 「またかよ」

 
 ここ数年の世界規模での景気の悪化が影響してか、あらゆる創作活動、各種スポーツ等、1番最初に切り捨てられる部分から縮小ムードになっているせいで、兎に角新作や長寿の海外ドラマが終わってゆく。

 まだ長寿番組ならば、それに相応しいエンディングを作る時間を与えられるわけだが、新規シリーズは先行きが不確定のため、少しの延長も許されず、短縮されて一つのシーズンを終わらせてしまうのもしばしば。

 それが大した内容じゃなくて、「テラ◯バ」や「◯ジター」みたいな中途半端なエンターテイメント作品なら諦めもつくのですが、「トゥルーコーリング」や「HEROES」みたいな面白い時期がしっかりあったドラマは諦め切れるものじゃありません....

 
 今回も、「また」そんな切ない打ち切りの憂き目にあった作品のお話。



 ロス市警の刑事”マイケル・ブリテン”は悩みを抱えていた。

 妻と息子を乗せた車を運転中事故を起こし家族を一人死なせてしまったのだが、それ以来、2つの世界を生きるようになってしまったのだ。

 一つは妻が生きている明るい色の世界。

 また一方は息子が生きている寒々とした色の世界。

 彼にはどちらも現実なのだが、どちらの世界でもカウンセラーにそれは病気だ言われてしまう。



 物語は基本一話完結の刑事物で進行するのですが、どちらかで起きた事件をヒントに、もう一つの世界で捜査を進めたりするのがパズル的でゲームっぽくて面白いし、時折ブリテンが見ている幻覚のような抽象的場面があるため、どちらが本当に自分がいるべき世界なのかが分らなくなるのがミステリアスなんです。


 
 配役がとても良いし、主人公のブリテン役”ジェイソン・アイザックス”のなんとも言えない表情が素晴らしい。観客それぞれにどちらが本当の世界なのかを考えさせてくれるような演出も非常に好みでした。

  アメリカでもかなり評価は高く、評論家にも視聴者にもウケは良かったそうで、打ち切りが決まるとファンは必死に続きが作られるように動いたりもしたそうです。

 なのに....


 ストーリー終盤、ブリテンが何故事故を起こしてしまったのかが分ってから、片方の世界がどんどん酷い事になってしまったのが気になるし、そして最後に2つの世界とも違う、新たな可能性の世界が産まれてしまったのも気になって仕方が無い。次のシーズンの構想もあったそうですしね。

 ただ、これはこれで確かに完結していると観る事も出来るので、打ち切りの弊害はまだ少ないのかもしれません。これ以上は蛇足になってしまう可能性は大いに有ります。

 だから、打ち切りドラマだから見なくてても良いやって作品ではまったく無いので安心して観て欲しい1作なんです♪ゞ(*ゝω・)ノ



 ちょっぴり心残りはあるけどね......(背中)



 公式HP http://www.nbc.com/awake/

この記事へのコメント