逢えて良かったと素直に思える女性になった「坂本真綾 LIVE 2012 TOUR "ミツバチ" 札幌市民ホール」/LIVE/感想

 12月22日

 2012年も残すところ10日を切った師走。非常に忙しい毎日を送っている真綾に逢って来た。会えたのはファンクラブイベント以来今年2度目なわけですが、とても長い間会えていなかったかのような、お久しぶり感があったのは何故だろう?

IMG_4968.JPG

 会場は1500人収容出来る”札幌市民ホール” 

 椅子が完備された指定席での会場としては、いつものZepp札幌の1.5倍弱の大きさで、音響・照明設備も実に立派。札幌以外の会場で真綾のLIVEを体験した事が無かった僕には、とても贅沢で新しい真綾体験が出来たように思います。

 とても印象的だったのが、照明の当て方ですね。

 しっとりした曲の時、下から当てるライトが実に綺麗に真綾をバンドメンバーを照らしていたし、間接的な照明の使い方もオシャレで格好良かったです。タイミングにもズレが無いし、機材とそれを動かす人のセンスが素晴らしい証拠でしょう。高い位置から真綾だけをスポットしていた時、ライトが僕とは対象の場所にあった為、もの凄く真綾のシルエットが美しくて、ただただ見惚れてしまった....(真綾の短くなった髪型は凄く素敵で若返ったかのようだった。今回も衣装が可愛いくて、最初の青のスパンコールっぽいのがめっちゃ好み♡)

 LIVEの真綾は歌を演じる孤高の人。暗闇に独りと言うシチュエーションが実に映える。身のこなしの優雅さや存在感を肌で感じると、やはり声優である前に彼女は舞台役者なのだと痛感しますね。演技をするのも歌詞の世界に入り込み歌うのも、彼女にとっては同じ事なのだと思います。


 さて、今回はシングルコレクションの第三弾を引っさげてのLIVEだったわけですが、どれもこれも聴いた曲ばかりで今までのシングルコレクションとは違いレア度が低い。けれど、1枚のオリジナルアルバムの曲を構成したものより、このラインナップでのLIVEはかなり贅沢で良い。

 真綾自身、どの曲も自分にとって無くてはならないものだったと語っていましたが、僕らファンにとっても同じ気持ち一杯だった。特にマクロスFの「トライアングラー」辺りから好きになった若い世代には、極上のアルバムになったに違いない。
 
 これに以前のシングルコレクション収録曲も交えてセットリストを組んでくれたわけで、新旧ファン共に大満足の嵐だったのは言うまでもなく、更に恒例の「ポケットを空にして」をアンコール前のラストソングにし、本当の締めくくりを新たなテーマソングと言っても差し支えない「デコボコマーチ」にしてくれた事も、シングルを聴いた時からずっとこれをLIVEで体験するのが待ち遠しかった僕には最高のプレゼントなりました.......

 「本当に来て良かった」


 帰り道に女性の一人が口にしていた言葉が耳に付いて離れません。全くその通りですよ+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

 

 菅野さんと一緒の頃を懐かしんでいた時期も正直あったけれど、真綾はとても良い年齢の重ね方をしているので、昨日より今日が、今日より明日が良いと言える人間の深みを増しています。このまま10年20年を無事に過ごせてゆければ、素晴らしい歌手に、そして女優になれますよね♪

 それまで無理をせず身体を労りながら僕達に声を顔を見せて欲しいものです(ゝω・)b



 あぁ、こうしてLIVE終わると、また直ぐ逢いたくなるから久し振り感あったんだ....



セットリスト 

  1.トライアングラー
  2.DOWN TOWN
  3.スピカ
  4.雨が降る
  5.おかえりなさい
  6.モアザンワーズ
  7.プラリネ
  8.君に会いにいこう
  9.パイロット
  10.さいごの果実
  11.バイク 
  12.Buddy
  13.action!
  14.Private Sky
  15.Get No Satisfaction!  
  16.マジックナンバー
  17.風待ちジェット
  18.猫背
  19.ループ
  20.ポケットを空にして
  
 アンコール

  21.homemade christmas
  22.約束はいらない
  23.デコボコマーチ



 今後のLIVEスケジュール

  2012年12月24日(月・祝)宮城県 東京エレクトロンホール宮城

  2012年12月27日(木)愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

  2012年12月30日(日)東京都 中野サンプラザ

  2012年12月31日(月)東京都 中野サンプラザ

この記事へのコメント