『うーん...』←が多過ぎて頭の中がまとまらない(白眼)「エウレカセブンAO」/京田知己/會川昇/BONES/2012年/アニメ/感想



 大人&子供の両方にとってバランス良く観れた初代エウレカセブンと違い、わいわい楽しい雰囲気があまりにも少なかったAO。

 エウレカの息子である”アオ”を中心に、自分勝手に暗い過去を引きずる登場人物が多いためか、声優が微妙なせいか、いまいち感情移入がし難く、セリフや演出も中途半端で抽象的過ぎて人間ドラマがピンと来ない場面もチラホラ...

 世界の有り様を変えてしまう”クォーツ・ガン”もご都合過ぎるし、エウレカがあんな事になってる理由や”トゥルース”の暴走理由も根本ではよく理解出来ない。クォーツ・ガンのおかげで最終的な辻褄だけは合っているのに、どうにもしっくりこないピースにモヤモヤ.....


 沖縄が日本から独立していたり、”スカブコーラル”ら”シークレット”から人類を守る企業組織が存在してたり、エウレカとアオの時空を超越した展開も面白かったので、把握し難くく拡散されてしまった世界観が残念で仕方無い。

 小難しく風刺を狙ったシナリオやオマージュも結構ですけど、息抜きの明るい回をもっと増やして欲しかったですね。全体的に固いw 前作までふざけたものじゃなくて良いけれど、メリハリを考えればシリアスな展開に深みを出す為に笑える回は重要だと思います。前作の内容が頭に入ってる”佐藤大”を外した事は大きかったなぁ...

 

 まあそんな事言ってても、アオや仲間達は好きだったし終盤のまとまり方も嫌いじゃ無かった。最後の最後で、ようやくエウレカと対面したレントンの笑顔ったら最高だったw 2人を護る為に自ら犠牲になったアオが時空の狭間から元の世界に帰還するとことか

『トップをねらえ!』かよっ!

 とかツッコミつつ微笑ましかったし、大作の続編としては及第点でしたよね♪


 でももうエウレカセブンの続編は要らないかなぁ...┐(;´Å`)┌



 公式HP http://eurekaao-prj.net

この記事へのコメント