事件は男だけのものじゃない!!「第一容疑者」/グラナダTV/AXNミステリー/英国/1991〜2006年/海外ドラマ/感想

 イギリスって場所は、有名なミステリー作家が多い土地のせいか、海外ドラマも非常に興味深い作品が多く、しかも紳士の国らしい気品さえ醸し出している。

 たとえその気品が名作の呪縛から逃れられなかったせいで産まれたのだとしても、英国ミステリーの静かな熱は素晴らしい。

 女性警視が男性中心の警察機構で奮闘する『第一容疑者』も、そんな静かな熱を証明した作品でした。



 どんなに成果をあげても”女”だと言うだけで、嘲笑され、侮辱され、まともに捜査に協力しようとすらしない周りの男共相手に、一歩も引かず強気な姿勢をみせ、粘り強く捜査を続けて最後の最後には真相に辿り着く彼女は優秀でカッコいい♡

 しかし、一人になれば弱く・脆く・孤独な人間の一人でしか無い。男に逃げてみたり、部下に当たり散らしてみたり、酒に溺れてみたり、彼女の孤独はどんどん闇を深めてゆく...


 先駆者の孤独な戦いと、救いの無い事件の顛末。それらが絶妙に切なさと空しさを煽って"じんわり"後を引く。移り変わる時勢を事件と向き合う彼女と共に描き続け、25年で全15話をブレる事なく完結させた人々の熱意を讃えたい。

 引退を迎えた女性警視が警察署を後にするラストシーン。

 立ち去る彼女の背中に感じたものを、観客全てが忘れない事でしょう......



 お疲れ様。”ジェーン・テニスン”警視!( ̄^ ̄ゞ



 AXNミステリー番組紹介ページ http://mystery.co.jp/program/prime_suspect/

この記事へのコメント