眼鏡に悪い人は居ない?!『アンジェラ・アキ Concert Tour 2012-2013 BLUE』直前の巻 

 日本で産まれ、中学を卒業したあと海外で色々と揉まれ帰国しデビューしたアンジェラ・アキ。

 デビュー当時は、彼女の容姿と若干舌足らずな感じがする日本語の歌声を聴いた段階で、日本で育ち日本語の方が得意だったなんて信じられないほど、日本語が上手な外国人なイメージが強かったw

 実際はベタベタの田舎育ちでおばあちゃん子で、混血である事が田舎では目立ち過ぎて非常にコンプレックスになっていたらしい。そんな経緯もあって、デビュー曲『HOME』は、その頃の心の癒しであったおばあちゃんとピアノへの想いが丁寧に込められていたように思います。



 ただ、コンプレックスはあっても若干裕福な家庭で育った彼女の歌詞や歌声からは、何処となく甘い考えが滲み出ていて、HOME以外の曲や彼女が聴き手にガツンと響かせたい曲の仕上がりは嘘臭く、まだ、深みが足りなかった….


 しかし、結婚し子供を出産した今のガツン系ソングは、なかなか悪く無い。身近な愛から世界規模の愛を語る曲まで、妻であり母親になった自分の母性を活かし始めている気がする。特に語感と五感を大事にした歌詞が良い♪

 うん、やっぱり女性シンガーはこういう時期を経験してからのアルバムが面白いね♡


 一皮も二皮も向けた今こそ、アンジェラ・アキを聴くべき時が来たのではなかろうか?

 今日のLIVEが今から楽しみで仕方無い☆(ゝω・)v



 公式HP http://www.angela-aki.com

この記事へのコメント