あの頃トレカが熱かった....

 最近、”トレーディングカードゲーム”の「何万枚突破!」「売上高何億円」と言う記事をよく目にするようになりましたが、普通の”トレカ”は一体何処へ行ってしまったのか?....


 ざっと今販売されている人気商品をチェックしてみると、有名な子供向けアニメや、腐女子向け作品、AKB等のアイドルファンに向けたものなど、かなり限られたジャンルが幅を利かせている印象を受けました。他にもほそぼそと出ているものがあるようですが、どれも単発で終わりそうなものばかり。

 僕がトレカに夢中だった10数年前、通常のトレカ人気は全盛期を向えており、僕の住む旭川にさえトレカ専門のショップが出来るほどw

 そんなトレカ人気を牽引したのは、言うまでもなく「新世紀エヴァンゲリオン」

スクリーンショット 2012-10-22 22.12.48.png

 発売と同時に売り切れるようなレベルで売れまくった”カードダスマスターズ”シリーズのエヴァ。僕もなんとかして手に入れようと足掻いたものの、ようやく僕の手元に届いたのは第4版という切なさったら無かったですね.... 北海道に分配される数も少なく、ほとんどが中央で売り切れちゃうとか今じゃ考えられない話ですw

 それでも一度買い始めたら最後まで集めたくて、バンダイに一体どれだけ注ぎ込んだか分りません.....一箱買っても一枚しか手に入らなかったSPカードの重みは一生涯忘れない!(´;ω;`)



 そんなアニメの人気だけが理由ではなく、カードの素材や表面加工、カードの大きさにまで遊び心が豊富だった事も集めていて楽しかったなぁw

 デジキャラットが人気全盛だった時の、ハードタイプなプラスチックカードは、それまでに例が無いほど贅沢だったし、エヴァやXファイルの名シーンをスタイリッシュに切り抜いたワイドなトレカも斬新だった。

スクリーンショット 2012-10-22 22.14.12.png

 そして、僕個人では、もうこれ以上のトレカは存在しないと豪語しているのが、天田製の攻殻機動隊トレカ!!

スクリーンショット 2012-10-22 22.13.10.png

スクリーンショット 2012-10-22 22.13.35.png

スクリーンショット 2012-10-22 22.13.58.png

 写真じゃ分り難いですが、SPカードはホログラム加工され、ノーマルなカードもメタリックでかなり鮮やかな仕上がりなんです。キャラクターや背景などの輪郭が立体的に見えるよう加工されているのが印象的で、いまだに時々取り出して眺めてしまいます♡ 当時、天田の素晴らしいカード作りは本当に群を抜いていたと思いますw


 さて、今のカードゲーム中心なトレカ業界は、どんな面白いカードがあるのでしょう?

 正直、最近トレカに興味が無いのでこの頃のトレカの善し悪しは分りませんw詳しい方はどんな感じなのか教えて下さいなペコリ



 あぁ、そういえばカードゲーム系で唯一好きだったのがあったw"モンスターコレクション"

 大好きな”天野喜孝”氏や、”末弥 純”さんみたいな本格絵師が多数参加してたのが本当に嬉しくて、ゲームはやらないのにカードは一時期集めてましたw他のカードゲームに埋もれたかと思いきや、まだ大会とか開いてるんですね....なんかわからんけど、頑張って欲しいわモンコレww


 売り手は名を変え品を変え、同じようなカードゲームを売り続け、買い手はゲームに勝つためカードを買いたくなる相互補完商法も良いかもしれませんが、カードそのものの魅力と遊び心は、双方共に忘れて欲しくないですね....

 (´-`).。oO(袋を開ける時のどきどきワクワク感が懐かしいぜ



 天田印刷加工株式会社 http://www.amada-printing.co.jp/index.html

 カードダスドットコム http://www.carddas.com


 関連過去記事

  「徒然なるままに、ドでかいカードダスのお話。」

この記事へのコメント