湾岸署よ永遠なれっ!!「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」/織田裕二(主演)/本広克行(監督)/2012年/映画

 ネタバレします!ネタバレさせて下さい!!ガタガタ






 さて、皆さんの中で『踊る大捜査線』の完結編への期待が揺らいでいないだろうか?



 思い返せば、7年振りに再始動した「踊る3」のギクシャクした中途半端さに戸惑い、シリーズへの不安が僕の中で加速し、先日放送された「踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件 」を観た事で、その不安は確信に変わっていました。 

 正直、昨夜のレイトショーへ脚を運ぶ時も、ワクワクよりも不安な気持ちが勝っていたのです...

 
 ところが、いざ蓋を開けてみるとそんな不安もどこ吹く風で、序盤から良作臭がプンプンして来ました!

 小栗旬の、『これから俺やっちゃいますぜハート(トランプ)」な、やば〜いオーラ出しまくりといい、青島とすみれさんの昭和ドラマのような張り込み風景も踊るらしいノリで微笑ましかったw

 その後、警察官が関わったと思われる殺人事件が起きて、いつものように上層部と現場で色々とまた問題が起き始めるわけですが、今までの劇場版の事件よりも悲哀を感じる犯人達の背景が素晴らしかったです。まさにラストを飾るに相応しい脚本でした。 事件が収束したあと、青島が小栗旬演じる”鳥飼”に一言掛けたセリフにもしびれました。まさかあの暴走正義野郎”青島”があんな刑事らしいセリフを言うなんてねwww大人になったもんだ青島wwwww


 そんなわけで、”踊る”らしい笑いと、組織の悪い慣例への挑戦がちゃんと込められたFINALは、もうこれ以上の結末は望めないほど良かったです♪ 今までの踊るシリーズ出演者が勢ぞろいしているのも見所でしたし、室井さんが◯◯さんのモノマネをする貴重なシーンも劇場のお客さんみんなが笑顔になる面白さでしたww
 心配された”あの”2人のシーンもなんとか乗り切れていて安心しましたwまあちょっぴり柳葉氏の侮蔑の表情や、それに対すKYな織田裕二の戸惑いみたいなものを感じてしまいましたが、ギリギリセーフでしたね….

 
 それから始めて青島が登場したTV版の第1話面接のシーンとダブらせた場面では、思わず感慨深い気持ちにもなりましたね....あぁ、もうこれであの疾走する織田裕二も見納めかなぁってねw思い返せば、様々な犯人と色んな事件がありましたよね...(´-`).。oO



 想い出せば想い出すほど、文章がまとまらなくなる魅力を持った踊るシリーズ。本当に今までお疲れ様でしたキャスト&スタッフの皆さん。

 願わくば、この完結の成功を大事に胸に秘め、二度と続編が作られたりしませんよーに…(-人-)

 
 公式HP http://www.odoru.com/index.html

この記事へのコメント