ジジイ役が板に付いて来たジャッキーw「ベスト・キッド」/アメリカ/2010年/映画

 いつかの映画館で予告を見た時、とうとうジャッキーも年配のおっさん役が似合う年齢になったもんもだと、しみじみ感じた事を想い出しました...




 頼りない少年が1人の変わり者老人に鍛えられて、空手を通し一人前の男になってゆく様を描いた84年の『ベスト・キッド』のリメイク作品で、随所に84年版の流れを踏襲している事を感じました。


 ただ、元映画の少年よりも、明るく活発な少年が主役なので、苛められっ子特有のオーラが全く感じませんでした。なので成長過程を感慨深く見守るような感覚にあまりなれませんでした。


 それに、監督はジャッキー・チェンでは無いのに、何処となくジャッキー映画のテイストが匂って来るのも、気になりました。製作のウィル・スミスや監督がジャッキー映画を好きだったんでしょうかね? あまりに見慣れたカメラワークと演出がちょっぴり古臭いように思えたので...


 しかしこんな些細な事も吹き飛ぶほどに、カンフーシーンが面白かったです♪


苛めっ子の少年達から主人公を助けるシーンでのジャッキーの立ち回りは、子供達との信頼関係の賜物でした。ジャッキーほどのプロならば、当然あれだけの動きは出来るわけで、だからそのジャッキーに合わせて子供達がちゃんと動けるのは本当に凄い事なんじゃないかとw


 終盤の大会シーンも、子供達の凄まじいカンフーに釘付けww決勝での決め技もキレキレで格好良かったなぁ....


 あの動きまさかのCGじゃないよね?|∀・)



 ベスト・キッドのリメイクとしては、半人前な映画でしたが、ジャッキー映画として観るなら一人前に御釣りが返って来るくらいの面白さがありました。



 ジャッキーもまだまだ捨てたもんじゃないw



この記事へのコメント