”J.J.エイブラムス”ブランドにも翳りが....「アルカトラズ」/AXN/2012年/海外ドラマ

 第一話開始直後から打ち切り臭がしていた『アルカトラズ』を全13話観終わりました。

 早い段階からアメリカ本国で打ち切りになっているのを知っていたので、もう絶望的に点差が開いた負け試合を消化している気分で一杯でした....



 まず主人公がパッとしない。華やかでも陰のある役者でも無く平凡過ぎました。相棒に「LOST」のハーリー役を演じ一躍人気になった”ホルヘ・ガルシア”を抜擢したものの、何か違う。ピンと来ないんです....

 他のキャストにもなかなかの演技派が集まっていたのに、何故こんなにまとまりの悪い作品になってしまったのか?

 一番の原因は、狙い過ぎた伏線を引っぱり過ぎた事でしょうか?

 毎回現代に現れた囚人の過去話に終始している為

 「次はどうなるんだろう?」

 と、ハラハラどきどきするだけのスピード感ある展開が観れませんでした。

 長々とアルカトラズの所長や、アルカトラズから消えた囚人を捕まえ集めている男の狙いを引っぱるシーンにも飽き飽きしてしまいましたね....

 そして気付けば最終回へ突入し、完全に続編ありきの終わり方で幕を閉じてしまいました........

 あえて言おう



 「観なきゃ良かった」

 と....orz



 昔から完結させずに打ち切りってのは、海外ドラマで良くある事ですが、最近は第1シーズンのみで打ち切りなのが目立っています。予算面の折り合いが付かないので、時間枠を抑える事が出来ないからでしょうかね?数シーズン重ねて面白くなってゆくドラマも無いわけでは無いので、せめて2シーズンは様子を観て欲しいと思うんですが...

 それが駄目なら、ちゃんと1シーズンでそれなりの完結を見せる事が出来る脚本でお願いしたい!長らく愛されて来たシリーズも次々打ち切りが発表されていますし、この際アメリカのTVドラマ界の再編も視野に入れたら良いですなw

 しっかり1シーズンで理解出来るストーリーにまとめ、自然と観客が次のシーズンを待望するようになるような終わり方にしてくれればと、しつこく願わずにいられない今日この頃でした.....(´・ω・`)


 

この記事へのコメント