こんなに難しいゲームだったかレディアント.....orz「レディアントシルバーガン」/トレジャー/1998年/2011年/XBLA/STG/感想

 デッドスペース2を1年越しでクリアするなど、ちょいちょい積みゲーを崩している間に、少しずつプレイしていたのが去年XBLAで配信された『レディアントシルバーガン』でした。



 1998年にアーケードとセガサターンに登場した今作は、トレジャー作品の中でも屈指の難易度を誇る縦スクロールシューティングで、プレステに押されて人気ガタ落ちだったサターンでの発売だったせいか、パッケージが地味だったせいなのか販売本数も少なく、知る人ぞ知る名作として長い間プレミアが付いていたソフトでもありました。

 特徴としてもっとも奇抜だったのが、一部の敵の弾が自機の接近戦武器で吸収出来た事です。最近ならそういったシステムも見かけますが、あの頃は本当に新鮮なシステムでした。そして、プレイヤーを飽きさせない攻略性にとんだステージを、自分なりに多彩なショットを使い分けて進むのは本当に遊び応えがありました♪

 ただ残機の設定が非常に苦しい難易度なのは間違いなく、サターン版はプレイ時間などで残機が増えたり、スローに出来るモードなどの救済処置が無ければ、たとえ選んだ難易度がイージーであっても苦戦する事は必至....
 
 ちなみに僕はスローモードでやっとクリアしたヘタレでありました...._/乙(、ン、)_


 それほどの難易度なのに、今回はプレイ時間がいくらかかっても残機が増えるだけのようで、放置して残機を増やした時間も含めると、クリアまでに36時間も費やす事になりました.... 38機まで増やした機数も35機消費し、辛くもエンドロールを10年以上ぶりに見れた事になりますwここまで時間がかかると、感慨深さより安堵が先にこみ上げて来ますねww単にストーリーモードをクリアするだけで、ここまで苦労するシューティングは今時無いですよね(白眼

 
 ただ、楽にエンディングを見れるこの頃のシューティングに比べると、非常に達成感があって良いとも想いますw

 トレジャー作品の 

「挫折しそうに見えるけど、頑張ればなんとかクリア出来るでしょ?」

 と言う絶妙なサジ加減は素晴らしいです。パッケージの見た目と違ってバリバリアニメなムービーも好きだったなぁ〜♡絶体絶命な人類がどうなっちゃうの?ってシチュエーションも燃えましたしねwその後のトレジャー好きに火を付けてくれた、色々と想い出深いゲームです(*´∀`)

この記事へのコメント