大陽の翼が復活してから約3万9000秒を経て...「アクエリオンEVOL」/河森正治(総監督)/菅野よう子/サテライト/エイトビット/2012年/アニメ/感想

 とうとう終わってしまった「アクエリオンEVOL」 数人死んでしまったキャラがいたものの、終始小気味の良い軽いテンポでラブコメを続けていたため、前作ほどのカタルシスは感じませんでしたね。 途中まではいい雰囲気を続けていた気がするのですが、ラストの描きかたが少しだけご都合と言うか、切ない想いが物足りないと言うか.... 結局、前作でモヤモヤした因縁をここでスッキリさせる為に前向きなキャラとストーリーにしたって事なんですかね?

 とはいえ、ラブコメの面白さは半端ではなく、特に主人公を差し置いて目が離せなかった穴堀名人”アンディ・W・ホール”と、溢れんばかりのたわわな胸とは裏腹にお堅い”MIX”の恋愛模様♡ 毎度言動があまりにもホモホモ過ぎてお腹が痛くなるアンディの本気の愛が、アルテア界で記憶を失い男になってしまったMIXに届くシーンはホントに良かったですよねぇ.... 

 しかしあのままMIXが♂のままだったら、アンディは一生童貞でしたねこりゃ(うほっ


 他にも見事狙い通りの♂×♂で、腐女子なエレメント候補生であるサザンカと視聴者を卒倒させていたカイエン&シュレードも危険でしたwあまりにも狙い過ぎなキャラなので、ぼくの中ではかなり浮いていましたw2人だけになるシーンは違うアニメでも観てる気分になるでしょうwww登場人物を男女別々のイラストレーターに発注して、男キャラをBL色に染めるとか...やるなロンドベル!by逆シャア


※もうシュレードが何言ってんだがわかんない♡


 他にもユノハ×ジンの歯がゆい想いとか、イズモとアリシアの大人な我が侭恋愛だとか、なんでもありな『愛』の形をぶち込んで青春ストーリーにしたてあげた河森正治さんは、なんて恥ずかしい人なんでしょうか...この人を超える中二病患者はいないんじゃないですかね?  "不動ZEN"のセリフ等に、何処か自分の中でくすぶってる想いを引き出される場面やなんかも多々あり、今回も”河森”司令に振り回されてるな感が強かった。大見得を真剣に切る作品スタイルは、”EVOL”に隠された意味のネタばらしも含め、悪く言えば「少子化改善対策アニメ」であるとの誹りを受けてもおかしく無いほど男女の繋がりの大事さを訴えていたように思います。監督本人の切実さの表れなんだろうか?そもそも河森監督って結婚してるのか?....


 1億年と2千年たっても愛してる〜♪で、話題を攫った『剣聖のアクエリオン』に恥じない痛さを継承したEVOL。男の究極の逃げ道「愛」を武器に、力技で集結させたようにも思えるかもしれないが、これはこれで良いのかもしれない。 初めて無限パンチを観たあの日、僕の答えはずっとYESなのだから♪


 一生付いてゆきますよ河森監督!それこそ何度生まれ変わっても♡

この記事へのコメント