全ては契約の名の下に「The Booth〜欲望を喰う男〜」/FOXCRIME/2010年/スカパー/海外ドラマ/感想

何処にでもあるファミレスに、これまた何処にでもいる初老一歩手前くらいのオジさんが陣取っている。

いつから居るのか?いつまで居るのか?それすら分らないほど一日中男は決まった場所にいる。


男の所には様々な人間が訪れ、頼み事をしてゆく。

ある者は病気で死にそうな息子を救いたいと語り、またある者は”信仰”を取り戻したいと話す。

男はただその話に耳を傾け、一つだけ望みを叶える条件を提示する。


男の提示した契約(ディール)を果たす事、そしてその契約の進行状況の詳細(ディティール)を話す事。


これを守れば願い事が叶うと言うのだ。

しかしその契約の内容は意味不明。自分の望みとどう関係があるのか全く理解出来ないものばかり。それでもそれぞれ願い事を叶える為、無茶なディールを果たそうとするのだが...




全編ファミレス内で男と訪れた人間達との短い会話だけで構成され、願い事をしに来る者達が疑心暗鬼でありながらも、結局男の巧みな誘導に乗せられディールを果たす為に自分が何をしようとしているか、そしてどんな事を感じているのかを話し続けるだけなのに、何故か眼が離せない。

どんな意味があるのか分らないのに、リスクの高いディールを本当に実行してしまうのか?願い事を話す者同士がどう繋がるのか?そして願い事を聞く男自身の望みはなんなのか?

悪魔のような男同様、不思議と惹き付けられ、先の展開が気になってしまうドラマです。長期シリーズ物のドラマと違い、30分×5話構成なのも丁度良い感じ。単発ネタとしては良いパフォーマンスを発揮していました。一応5話でストーリーも完結しますが、地味に面白い作品だったので新しいエピソードが観たいですね♪



追伸、残念ながらスカパーでの放送は終わっているので、再放送が入るのを待つ以外には海外の"Hulu"で観る以外に手段はありませんのであしからず...

FOXCRIME番組案内ページ http://tv.foxjapan.com/crime/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1412
海外hulu http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&prev=/search%3Fq%3Dthe%2Bbooth%26hl%3Dja%26client%3Dsafari%26rls%3Den%26prmd%3Dimvnsa&rurl=translate.google.com&sl=en&u=http://www.hulu.com/the-booth-at-the-end&usg=ALkJrhgXC0DKPtDU19Pw1iJMViJSzu-2Gg

この記事へのコメント