積むにしても、何年積んでたんだ?(;´Д`)「Halo:Combat Evolved」/バンジースタジオ/XBOX360/2011年/ゲーム/感想

何年越しかで初代Haloをクリアーしました♪

初代XBOXが発売して早いうちに大幅値下げをした時、既に本体を購入していたユーザー向けにゲームソフトの配布があり、その時僕が選んだソフトがHaloでした。

当初からXBOXの注目ソフトとして有名でしたが、まだまだ家庭用ゲーム機ではFPSゲームが浸透していない日本でしたし、僕もほとんどFPSは遊んだ事がありませんでした。なので、いわゆる洋ゲーにも全然免疫が無く視点操作の動きに目が疲れてしまい、スムーズにターゲットを狙えないイライラを抱えたまま、まったくHaloの面白さに気付く前に売ってしまったのも今では良い想い出....

それ以来結局ずっと本編であるトリロジー三部作には触れず、FPSに慣れ始めてからODSTやReachのような番外編だけを遊んでおりました。しかしいい加減本編を遊ばなければ、Halo4の発売も控えているので、せっかくHDリメイクされたHalo1Combat Evolvedに再度チャレンジしたわけです。



Halo Reachと同等、それ以上のグラフィックエンジンで復活した初代。確かに映像は美しかった。BACKボタンを押すと直ぐさまリメイク前のグラフィックに戻せるため、その綺麗さが良く伝わりました。ただ、肝心なレベルデザインのバランスが同じなので、見た目が類似したマップ(野外マップならばそれほど気にならない)が多い事が気になりました。特に建物内でのステージは目的地が具体的には表示されないシステムの初代Haloでは、何処に行っても同じような風景で迷ってばかりになるのが辛かったw他の一本道FPSのように自分で何処に行くのか探す必要が無さ過ぎるのもつまらないけれど、流石にもうちょっとなんとかして欲しい場面が多々あったかな...

それから、フラッド(第二の敵対勢力)が現れてから、一気に古くさい一辺倒な戦闘パターンに落ち入る事もあり、正直雑魚相手が怠く眠気がさす事もありました。Haloにエイリアンやゾンビっぽいネタがあった事は笑えましたけどねww他にも色々ツッコミ所がありますけど、それはひとえに映像だけのリメイクであるからで、当時のゲームとしては非常に面白いものだと感じました。

敵だけど憎めないお茶目さがあるコヴナントや、第二第三の敵の存在。食物連鎖のように繋がる勢力図の中で、ここぞとばかり気分を煽って来る音楽をバックに、絶体絶命なシチュエーションを切り抜ける主人公マスターチーフの孤高な姿は本当に熱かった♪外伝のODST等にマスターチーフが出ない事にあれだけ騒ぐファンがいるのも頷けますw2もHDリマスターして欲しいですね〜。駄目なら昔の2を引っぱり出して続きを遊ぼうかしら... 



Halo:Combat Evolved公式ページ http://marketplace.xbox.com/ja-jp/Product/Halo-Combat-Evolved-Anniversary/66acd000-77fe-1000-9115-d8024d5309b1

この記事へのコメント