良くも悪くもサッカーはこういう競技だったね...

連日深夜帯に『UEFA EURO 2012』が盛り上がってる中、久し振りに日本代表サッカーが熱かった。

いや、ワールドカップの最終予選はいつも熱いには熱いwしかし昨夜のは違う意味で熱かった...


仕事が終わって帰宅するとハーフタイムで0対0。ダイジェストを観る限りでは、アウェーでオーストラリア相手では、流石に日本も自分達のサッカーをさせてもらえないようで、再三攻め込まれた前半だったんだなぁと後半を見始めたところ、早くもオーストラリアに退場者が!ここぞとばかりに攻め込む日本。しかし馬鹿でかい身体で守りを固めるオージーからは、なかなか点を奪えない...ミドルを打って欲しい場面でもパスが目立ち、少し消極的な気がする選手も一部いました。

EUROでイタリアと死闘を演じたスペインのように、ゼロトップなフォーメーションを取っているような気がしてしまうほど攻め倦んむ日本代表。でも今日のこの男はキレキレだった!



ゴールライン際への上手い切り込みからグラウンダーのクロスでゴール前フリーの栗原へジャストなパス!!これが決まって日本人の頭の中から負けるなんて事は消えて無くなり、追加点への期待ばかりが膨らんでいましたよねwそれほど本田の動きが半端じゃ無かった♪


その後もトリッキーな動きやノールックパスを放つなど、本田の動きは目立ってましたが、突然審判がスイッチでも入ったかのように厳しい判定をし始めます。手始めに血祭りに上げられたのが内田。確かに体格の差を埋める為に日本はファールギリギリのプレッシャーを掛け続けていましたから、ファールも有り得なくも無いものの、カードまで出すような状況でもない場面でPKへ....おかげでさっきのレッドカードの帳尻合わせのように同点にされてしまいました。

その後、どちらが悪いか分らないようなプレイでも日本側のファールを取りまくる主審。今野も本田もイエローイエロー。先制点を決めた栗原に到っては、イエロー二枚目を貰って退場....こんなに荒れた判定をする主審の元で試合をしたのは久し振りですよね?結局引き分けで済んだオーストラリアの選手でさえ、苦笑いする試合内容だった事でしょう。

審判を査定する人とか居ないんでしょうか?正直公平なジャッジを今夜の主審が出来たとは思えません。ロスタイムも終わりに近づき、本当のラストチャンスにフリーキックを得た日本が、そのフリーキックを蹴る前に笛を吹かれてしまうなんて聞いた事がありません...普通ならワンプレイが終わった段階で終了の笛を吹くべきところなのに....どんなミスを主審がしたのか分りませんが、露骨に作為を感じるジャッジだったと言わざる得ないでしょう。

元々カードを連発する人物だったそうですが、これが日本代表の試合じゃなくても流れが悪くなるし、選手達のモチベーションにも響いて来ますから、もっと空気を読んで審判を出来る人物だけを主審として認めるルール作りをFIFAには求めたいところですな...


結果として大荒れな試合でしたが、刺激的で熱い内容ではありました。選手達の良い動きをみていると、こんな荒れたアウェーの試合も笑い飛ばせる余裕がまだ代表にはありそうです。とりあえず次戦は9月なので、代表選手達には、大いにリフレッシュしてからまた代表のユニフォームに袖を通しに戻って来て欲しいね☆



今後のA代表試合予定

8月15日 国際親善試合 ベネズエラ戦 札幌(札幌ドーム)
9月7日 国際親善試合 新潟(東北電力ビッグスワンスタジアム)
9月11日 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第4戦 イラク戦 埼玉(埼玉スタジアム2002)
10月12日 国際親善試合 フランス戦 フランス
11月14日 2014年ワールドカップ アジア最終予選 第5戦 オマーン戦 アウエー


こういう試合のあとは、相手選手側のコメントが気になる気になる....


オーストラリア側の選手&監督のコメント

オジェック監督「内田はファウルをしていない」 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/201206120010-spnavi.html
アレックス「ドローはフェアな結果だ」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000011-spnavi-socc
ケーヒル「僕らと日本がグループの上位2チームだ」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000010-spnavi-socc
ニール「日豪には素晴らしいライバル関係が存在する」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000012-spnavi-socc


この記事へのコメント