☆.。.:*腐女子×女装子.。.:*☆「海月姫」/東村アキコ/KC Kiss/講談社/2009年/漫画/感想

世の中には、二種類の人種しかいない。

イケテル人と、イケテナイ人だ。

イケテル人は自分が想うがままに生き、他人が何を言おうと意に介さず前を向いて歩いている。

それに比べてイケテナイ人は、自分が本当に欲しかった人生に蓋をして、その代償行為に明け暮れる毎日を過ごしている...

え?勿論僕はイケテナイヒトだよ(ドヤ


この漫画、『海月姫』の主人公”月海”も、そんなイケテナイ人種の一人。彼女は立派に道を踏み外して腐女子ばかりが生息しているアパート『天水館』で、同じく世の中に引け目を感じながら生きている仲間と生活している。

男子禁制!なのは勿論、オシャレは罪!だと言わんばかりの住民達。彼女等は自分達を「尼〜ず」と呼ぶ.....


そんなコンプレックスの裏返しで凝り固まった環境に身を置く月海だが、お気に入りのクラゲがいる熱帯魚店で運命の出逢いをする。相手はオシャレさんで自分とは真逆なタイプの美麗人♡遠い昔に憧れたお姫様そのものに強く美しい相手に見惚れる月海。

しかし、その麗人は女装っ子だって言うのだから大変だ!男子禁制のうえ、自分と同じで男子やオシャレさんに免疫が無い面々にバレるわけにもいかず、その少し変わった男の子に振り回されてしまう。

もうその慌てふためく姿が可愛くて可笑しくてたまらないww千載一遇とも言える自己改革と恋愛のチャンスが目の前に転がって来るだなんて、あまりにもツボ過ぎるシンデレラストーリーなのが素晴らし過ぎますね♪同じような想いに少しでも悩んでいる女子には、直球な漫画だと想います♡

女子じゃなくても、自分自身のイタイ実生活を痛感するディティールからは目が離せず、コメディとしての面白さ以上に何処か納得してしまう描写が面白い。作画の可愛さも好みで、地味だけど可愛い月海ちゃんや、女装が似合い過ぎな男の子”蔵之介”に萌える!!ビバ女装男子\(^o^)/


濃過ぎる尼〜ずの連中も個性的で魅力満載。姿を表さない「天水館」のボス”目白先生”のご託宣もお腹が痛いwww脳内の妄想をギッシリとスピード感のあるテンションで描いている東村アキコさんは流石の腐女子さんですね〜。

僕の持論として、腐女子さんの脳内構想力と、それを出力するエネルギーは世界を救うレベルだと想うんですよ(言い過ぎ)正直、男性作家が描いた作品より、女性作家が描いた作品の方がまとまりとテンポの良さが光っている事も多々あります。少年漫画は最近小手先の空論や、バトルばかりで理屈っぽく、単純に人としての感性を素直に描く事が減っていると思います。ド派手で視覚的に楽しめる漫画も勿論好きですが、共感出来る感情を宿した登場人物達が住む漫画の方がこの頃の僕には御馳走です♡(*´¬`)


さあ続きを買って来ようか☆
やっと読んだ~おもしろぉ~い+。:.ヽ(*´ω`)ノ.:。+


東村アキコオフィシャルブログ http://ameblo.jp/higashimura/




それにしても東村アキコさん可愛いじゃん.....♡ポッ

この記事へのコメント