生きたい君に恋をした「ぼくのエリ 200歳(原題:Låt den rätte komma in)」/トーマス・アルフレッドソン(監督)/スウェーデン映画/2008年/映画/感想

主人公は12歳の少年 ”オスカー”

両親は別居で彼は母親と二人暮らし。自分の都合ばかりを考えていている両親には、学校で苛められている事も語れず孤独な想いをひたすら抱え込む毎日...

そんなある日、彼は怪し気な雰囲気の少女に出会う。同い年なのに学校にも通っていない少女は、真冬に薄着で夜にだけ彼の前へ姿を見せる。何度も逢っているうちに、誰とも本心を共有出来ずにいたオスカーが、彼女と過ごす時間だけを特別に感じるようになった頃、彼女が吸血鬼である事を知ってしまう....






見終わった時、思わず"小野不由美"さんの「屍鬼」を思い出した。人間と変わらず単純に「生きたい」と願っているだけなのに、忌み嫌われる吸血鬼と、その理解者の苦悩を描いた内容がダブって見えたからです。

少女が野生のままに『生きる』為に人を襲う姿は恐ろしくもあるが、潔いほどの清々しさも感じます。そんな恐ろしくも孤独な吸血鬼と、愛に飢えた少年とがお互いを求め合う姿はなんとも純朴で美しい。二人がモールス信号で壁越しにやり取りをするシーンも素晴らしかった。実際に12歳だった少女と、11歳の少年の演技もナチュラルで良い。

そして吸血鬼物でグロいシーンが沢山あるものの、この映画はホラー映画では無く結ばれる事が許され無い者同士の恋愛映画でした。他の誰かがどうなろうと2人の絆を守りたいと願う、幼く愚かな想いの結晶だったのです。ホント思っていた以上に良い映画でした♪


しかし残念な事に「僕のエリ200歳」という邦題は本当に駄目駄目....センスの欠片もない。スウェーデン語の原題を英訳した物は「Let The Right One In」吸血鬼は招待されなければ家に入って来れないと、言う意味合いだそうだ。相手を理解したい、されたいと望む二人に相応しい題名なのです。それに引き換え....

このタイトルを考えた人は、本当に本編を観たのだろうか?観たとしても、肝心な部分を理解していない気がします。題名だけで、その映画への興味を持つきっかけになる事もありますし、作品の雰囲気を想像する窓口にもなると思います。より多くの人に観て貰いたいから、原題に込められた意味合いを犠牲にしてもキャッチーなタイトルを付けたいと言う浅ましさにはガッカリです....


お金が無ければ映画業界は確かに伸びる事は無いでしょう。でも、良い映画に泥を塗るような事だけは、止めて欲しいものですねw


公式サイト(英語) http://www.lettherightoneinmovie.com/

この記事へのコメント

  • amaru

    ゲ○で借りる時にラヴロマンスの欄にあって少し複雑な気分になりましたw

    さぁ、次はリメイク版ですね。
    2012年06月09日 14:07
  • lain

    リメイク版かぁw
    なんか評判悪いからどうしようかと思ってるんですよね....(´-`)
    2012年06月09日 20:08