フルボッコにされたのは敵キャラ?それとも....『バレットストーム』/EA/Epic Games/People Can Fly/2011年/XBOX360/PS3/ゲーム/感想

公式に「フルボッコ系FPS」であると歌っている今作、『ギアーズオブウォー』の”Epic Games”が大元の開発元である為、類似したデザインや操作性等がある一方、ギアーズとは違いほどほどスピード感がある爽快感を味わえるシューターになっていました。

かなり長い距離をスライディングして敵を吹っ飛ばしたり、ヤクザキックで崖へ蹴りとばし、更にはマップの各所にあるトゲトゲのトラップや電流地帯に追い込んで倒す事が出来ます。

そしてもう一つの特徴が『リーシュ』と呼ばれる電気的なワイヤーアンカーのような(ムチ?)装備です。敵を手元に引き寄せる為に使ったり、障害物を動かす為に使う場面が多々出て来ます。これがある事で攻略の幅が広がり、敵をいかにトラップのある場所へ吹っ飛ばすかを考えるのが面白いゲームになっています。



ただ、後一歩のところで惜しい仕上がりなのは間違い無い。結局真っ直ぐ手元に引き寄せる事しか出来ないわけで、リーシュで敵を左右に振り回すような特殊さが足りないために終盤戦闘に飽きて来ます。それと回り道してばかかりのレベルデザインや、いちいち障害物を乗り越える頻度が多い事も若干テンポを悪くしていたような気がします。爽快さを売りにするには、もう少し一手間掛けたアイデアが必要でした。新規タイトルを産み出す事の難しさを感じますね....海外版にギアーズ3のベータを同梱したのも、なんとか販売本数を消化し続編の開発をし易くしたいゲーム会社の弱気の表れに見えてしまいます......

それなりに面白いし、安く買えるなら文句無しに購入に賛成。ただし国内版の規制があまりにも哀しい事になっているので面白さは半減しています。倒した敵が消えたり、演出上そこにあるはずの敵の死体が存在しない事があるので、登場人物達が何を観て会話しているのかがまるで分らなかったりするのです。ついでにダサイパッケージの脇役っぽい主役の顔も購買意欲を削ぎますよねw あまり複雑なストーリーでも無いので、海外版で遊ぶのもありかもしれません。


そうそう、ストーリーもパッケージと同じく微妙でした。信じていた正義が嘘だと知り、軍を裏切り上官への復讐を果たそうとする展開は、使い古されありきたり... 大きな敵との戦闘や派手な演出もあるものの、デザイン面が微妙なのであまり印象に残っていません。駄目オヤジな主役と、そのオヤジに振り回されたせいでほとんど機械の身体になってしまった日系人の”イシ”との関係がそれなりに熱かった事と、大ボスの将軍があまりにも愉快で嫌な奴であった事で、なんとかプレイ意欲を維持していました。

ちなみにぼくの好みとは関係無いかもしれませんが、続編の開発は一旦ストップする事が発表されています。この調子じゃもしかすると永遠に出ないかもしれませんね.....


ほんと、もうちょっとなんとかすれば....勿体無い(´・ω・`)


公式HP http://bulletstorm.jp/index.html

この記事へのコメント