許せるB級と、許せないB級ってあるよね(真顔『アンダーグラウンド』/米国/2010年/映画/感想

冒頭から期待出来そうに無い映像が続き、元軍事基地跡で馬鹿騒ぎを繰り広げる阿呆共の群れが現れてから、こいつらがこれからどうなっても別にどうでも良くなりそうだった....


危うくホラー物で大事な部分を全否定するとこだったよ(´・ω・`)




そんなわけで(どんな?w)、もめ事を起こして放置されていたシェルターに逃げ込んだは良いが、閉じ込められ別の出口を探す事になった協調性の無い男女数人。どうせ自滅してゆくんだろうと観ていたら、唐突に現れたミュータントに一人、また一人と餌食にされてゆく。勿論お約束の仲間割れやら、マッドサイエンティストやらも完備していました(真顔


ガタガタきゃーきゃー五月蝿いばかりで、なんの情緒も無く役者が下手っぴなので人間ドラマとしての見所も全然ありませんキッパリ


しかもホラー物の売りであるエグいシーンのどれもがあまり代わり映えしないヤラレ方でいまいち....


「すぐ良くなるわ」


「誰も見捨てない」


「いっつおーけー」


 等等の名言も使い古されてなんの効力も無いおまじないのようで虚しい。何からなにまで微妙な映画を撮る事に何の意味があるんだかまったく分らない....ゾンビ人気に便乗したいだけならインディーズでやろうよ大金使わずにさ(涙目


あ、こんな映画借りた僕も僕だよね(白眼




同じ『アンダーグラウンド』でも、”エミール・クストリッツァ” 監督の作品の方が百倍、いや千倍面白いに違いないw





あらすじ・解説

「子ども時代に夢みた幻想的な映像と思わず踊り出したくなる強烈なビートによる音楽の饗宴が観客の五感に直接シンクロし、観る者の心がなぜか満たされた奇跡の映画。映画界の超異端児にして天才的クリエーター、エミール・クストリッツァ監督が祖国ボスニア・ヘルツェコヴィナ(旧ユーゴスラヴィア)の50年に渡る悲劇の歴史をブラックなファンタジーとして再構築したこの映画は、国が崩壊してしまった現実を前にして愛と狂気で生き抜いた人たちの姿を描いた映画史に残る一大傑作。」



去年デジタルリマスター版が上映されたそうで、今年の4月にはDVDとBDが発売になっています。残念ながらレンタルにはまだ並んでいないようですwレンタル開始したら観たいなぁ♪



とにかく短い人生、有意義な時間の使い方をしたいものですねハハハ......

この記事へのコメント