(´-`).。oOぼくのSPECはなんだろう....『SPEC〜翔〜』/堤幸彦(監督)/2012年/TBS/ドラマ/感想

TVSPの発表があってから、待ちに待っていた『SPEC』


いつも通り、TVシリーズ→TVSP→劇場版 なのは堤監督なんで分ってましたけど、劇場版に合わせてTVSPが放送になったので、かなり間が開きとても長く感じましたw


しかし待たされた分これでもかと馬鹿馬鹿しいネタのオンパレードで、どんなシリアス展開の場面でも爆笑してしまうほどなのがたまりませんでしたねwwww


いつも通りの柿の種、駄洒落の応酬、お稽古事でさっさと帰宅、竜雷太をいびる雅ちゃんwww


元からボウズ頭の瀬文が坊主で登場の冒頭とかシュールでハライタイwwwwww


そして安定のレギュラーメンバーに加えて、更に今が旬の役者からスタッフらしい人にまで恥ずかしいキャラ設定をぶつける辺りも良かったw


特に「冷たい熱帯魚」で、とんでもない殺人鬼を演じた”でんでん”より明らかに目立っていた” 北村一輝”演じる吉川晃司っぽい”吉川 州”のキャラがめちゃめちゃ面白かったw堤作品に欠かせ無いおマヌケ方言キャラとしてしっかりハマってましたしねww


残念ながら最後にあれな感じだったので、劇場では出番が無さそうなのが勿体無い....




そんな感じで、いちいち突っ込み出したらキリが無いくだらなさが最高なSPEC、次は劇場版ですね


自分にSPECがある事を隠したかった当麻と、その事を話して欲しかった瀬文


一旦ギクシャクした2人が今回のTVSPでまた一つになったような気がしますが、予告の煽り方がなんか決別を表しているようで気になります...ゴクリ




公開は4/7!今週末は劇場行かなきゃだね☆



この記事へのコメント