アニメはやっぱりオジさんキャラがカッコ良くないと....「輪廻のラグランジェ」/佐藤竜雄(総監督)/Production I.G/2012年/アニメ/感想

北海道も日中帯はプラスの気温が続くようになり、学生達は短い春休みの間に新たな生活の準備や遊びに忙しい事と思います。

そして季節の変わり目と言えばドラマやアニメの最終回が続く時期。この作品も一旦終わりを向えました。


輪廻のラグランジェが放送される事を知った時、総監督に”佐藤竜雄”の名前を見つけ、「宇宙戦艦ナデシコ」以来ずっと安心して観れる監督の一人として刻まれていた佐藤監督なら大丈夫だと思っていました。

多少微妙なキャラ設定であろうとも、いまいち燃えない萌えない展開にも我慢して、いつか化けるはずだと最後まで観ましたが、やはりどうにもパッケージングが悪い....

狙い過ぎたメインキャラ三人の決め台詞は我慢出切るとして、全体的にセリフが陳腐なうえ余計な捻り具合が鼻に付く場面が多々ありました。もっとシンプルなセリフ展開の方がよほど良かった。

ついでにオジさんキャラが酷過ぎる。キャラ原案が「ドリームクラブ」のキャラデザの方なので、可愛い女の子男の子しか描けないタイプの方だからでしょう。主人公”まどか”のオジさんや、良い奴なのか悪い奴なのか面倒くさい男”ヴィラジュリオ”、ファロスと言う基地の司令”田所正蔵”ともにデザインがなんともお粗末....個人的にオヤジがカッコ良く無いと興ざめするんですよねw

色々気になり出すと、語感の悪さにまで違和感を感じる始末....『ムギナミ』『ヴィラジュリオ』『ノウムンドゥス』『 ポリヘドロン』『おらが祭』........

とにかくあらゆる面で微妙でした...........



それでも最後まで観ていれば、それなりに愛着も湧いて来るもので、特にメインの女子キャラ3人より、序盤から敵役として頑張っていた男子3人のやり取りがとても面白かった♪初めは地球に住む人間の事などなんとも思ってなかった彼等が、少しづつ変わってゆく様はとても萌えた♡主人公達よりキャラ立ちしていたんじゃないですかね?結局地球側の人間になった彼等が、今年の夏放送予定のシーズン2でどれだけ活躍するか楽しみです♪



OP・EDは良かったし、個々の仕事っぷりも悪くは無かったはず。しかしそれぞれの才能が集まるとちぐはぐな事になってしまい、統一した世界観を構築する事が出来ていないような気がします。

佐藤竜雄さんがどれだけ指示をしたのか分りませんが、今少しのところで未成熟でしたね、残念です.....





公式HP http://lag-rin.com/

この記事へのコメント