僕はキメ顔でブログを書いた(そうでも無い『偽物語』/西尾維新(原作)/新房昭之(監督)/シャフト/2012年/アニメ/感想

 壊れた蛇口のように流れる台詞と、シャフトの見事なデザインワークと、それらをまとめる新房監督のキレキレの演出の数々ともに、かなりの中毒性アニメとして僕らの記憶に刻まれた”西尾維新”原作の『化物語』 だから続編である『偽物語』には大きな期待を持って観始めましたねw

 
 個性的なヒロインキャラの数々が、可愛くちょっぴりエッチな雰囲気でお腹一杯になった前作とは違い、主人公の2人の妹がメインキャラとして描かれると言う事で、全然前作のキャラが出て来ないのかと思いきや、序盤からじゃんじゃん前作の女子が出て来る出て来るwもう明るく楽しくチョッピリエロイ回が続いて何ともパラダイスな状況でした....♡

 妹メインのストーリーに絡む怪しくこわーい詐欺師な男なのに、何故か笑える新キャラ”貝木 泥舟”や、後半でやっと登場して来た良さそうな人なのにこわーい陰陽師な”影縫 余弦”とそのお供で顔に似合わずえげつない攻撃力を誇る”斧乃木 余接”もかなり良いキャラで濃厚だった。影縫&斧乃木はまだ観たり無いくらいなので、次回作?での登場に期待したいww


 そうそう、上の妹”阿良々木 火憐”の正義ごっこが偽物だって言っていた時は、それほど『偽物語』と言うタイトルの必要性を感じなかったけれど、下の妹”阿良々木 月火”ちゃんの話になってからしっくり来ましたね。ここは流石”西尾維新”って事なんですか?原作未読なんで分らないんですけどw

 前の時も原作を読んでみたいと思ったものですが、ここまで来たら全部アニメ化してもらって、新房アニメを新鮮な想いで鑑賞したい気持ちが強いですね。この先も絶対前作の「つばさキャット」みたいなテレビ後のオマケ展開を見せてくれるでしょうし、今年劇場公開予定の『傷物語』も待っている。アニメ版でお腹一杯ですw

 
 ひとりごちなストーリーではありますが、その自己陶酔な安っぽさもまた、◯物語シリーズの良さ。どんな馬鹿げた机上での構想であろうとも、トコトコンやれば本物になれる。偽物と本物との狭間を見つめて描いた作者自身の真贋も、物語の一部に含まれているのかもしれませんね♪(*´∀`)

 
 月火ちゃんOPがプラチナ可愛いのよね.....キュン♡

この記事へのコメント

  • ayao

     貝木さん、いいキャラしてますよねww
    物語シリーズはながいですけど続きが気になります。

        西尾さんさいこー


      突然お邪魔いたしましたぁぁ。
    2012年03月28日 15:38
  • lain

    ayaoさんコメントありがとうございまふ♡

    そうですよねwまだまだ先が気になって仕方無いですよね~♪((o(´∀`)o))ワクワク
    2012年03月28日 23:59